cordovaでのadmob広告の表示について(cordova-plugin-admob-free)

こんばんわ!cowboyです☆

最近新たにUnityによるアプリ開発を始めて、一つ目のアプリの進捗が40%の状態です。
微妙にSwiftやJavaScript, C#は書き方が違うし、最近は3Dモデリングソフトや3DCADも使い始めて、それも微妙に操作が違っていててんやわんやしています(´・ω・`)
そもそも音楽のブログなのか、プログラムのブログなのか、はたまた写真のブログなのかわからなくなってきてます!!(笑)


さて、以前にCordovaで最もよく使われているであろうAdmobプラグイン、cordova-admob-pro が広告トラフィックの2%を抜いているという記事を軽く書きました。


しかしながら、いまだに「CordovaでAdmobを載せるにはcordova-admob-pro を使いましょう」という記事が新たに書かれています。
しかもトラフィックが2%抜かれていることに触れずに。

あまりにもあれなので、トラフィックが抜かれず、無料のAdmobプラグインを紹介しておきます。

cordova-plugin-admob-free とういうプラグインで、以下のコマンドでインストールできます。

cordova plugin add cordova-plugin-admob-free --save

作者が他のAdmobプラグインとの違いを図示してくれているので転載します。

比較プラグイン

更新もなかなかの頻度で行われています。
プラグイン自体の内容はcordova-plugin-admob-simple からトラフィックを抜く部分のコードを削除したものが基本となっているそうです。(cordova-plugin-admob-simple 自体は cordova-plugin-admob をフォークしたものらしい。ややこしい笑)

なのでコーディングはcordova-plugin-admob-simple を参考に(というかそのまま)書けばオーケー。
ちゃんとインタースティシャル広告、動画リワードにも対応しています。


ちなみにいまだにCordova公式、またはAdmob公式のプラグインは出ていません。
もう出ないのかな?

万が一要望があれば(ないか笑)各広告のコーディングについても書きたいと思います。

以上、cowboyでした!うぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m


ライジングサン / musique hack

こんばんわ!cowboyです☆

新曲の動画公開しました!

今回もmusique hack名義での新曲です。

人生色々あります。
良いことだけでなく嫌なこと、むしろ後者の方が多いかもしれません。
だからといって生きることはやめることはできないし、やめるつもりもないので、とことこんこの人生と付き合っていきたい!

そんな曲です(笑

今回は動画も少しだけ頑張ってみました!
Apricot氏の素敵な歌声をぜひお聴きください☆




ライジングサン

見上げた空が眩しくて目を閉じた
聞こえてくるのは都会の喧騒だけ
ねえ 今は 僕はどこにいるの
迷子の子猫みたいにわからないんだ

周りの人が幸せそうで
こんな僕はどうすりゃいいの
泣けばいいの 笑えばいいの

見えぬ答えを見つけるために
今日も道を探すけど
この迷路から出れる気がしない
そうです それが人生です
もうこんな時間
まだ日は昇ってる

心の奥のもうちょっと左の方
なんだかわからない もやっとしたものが
治りかけの傷のように疼く
ここにいるよと主張してるように

自分の意義を確かめたくて
地面に映った自分の影 強く蹴り飛ばした

根回しせずに空回りして
今日も地球は回ってる
がんじがらめで 足引っかかって
そうです それが人なんです
もうこんな時間
まだ日は昇ってる

尽きぬ想いを突き抜けたくて
今日を積み重ねていこう
諦め悪く 目を輝かして
そうです それこそ人なんです
もうこんな時間
まだ日は昇ってる
そうさ 顔上げていこう
明日って今さ


以上cowboyでした!うぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m


休日登山!!貴船神社〜鞍馬寺〜演劇鑑賞

こんばんわ!cowboyです☆

この前の休日、久しぶりに京都の貴船神社〜鞍馬寺のハイキングコースを歩いてきました!

前に登ったのは2014年なので3年ぶりです。
その時の記事
前回は鞍馬寺〜貴船神社のコースだったので、今回は逆打ちです。

京阪出町柳駅から叡山電車に乗って貴船口駅下車。
そこから貴船神社まで歩きます。

山道ですが舗装された道路なので歩きやすいのですが、結構車が通ります^_^;
道路の横は川が流れていました。

IMG_20170930_130350.jpg



ひたすら坂道を30分くらい歩くと貴船神社に着きます。

そのすぐそばに山道の入り口である、西門があります。

IMG_20170930_135323.jpg


ここからスタート!

さっきと打って変わっていかにも山道です。

IMG_20170930_140801.jpg


途中で最近バキバキに割れたと思われる木がありました。雷にでも当たったのかな?

IMG_20170930_141247.jpg


登ってすぐなのにけっこうしんどい。

というか、さっきの貴船神社までの坂道で既に結構疲れちゃっています^_^;
2014年に比べて明らかに体力が。。。

しばらく行くと魔王殿に着きました。
地図でみると573 mと書いてるのですが、めちゃくちゃ歩いた気がします。

IMG_20170930_142142.jpg


ここにベンチがいくつかあったので、買っておいたおにぎりを食べて休憩。

進むとカエル(の置物)がいました。

IMG_20170930_145219.jpg

なかなかな急角度

IMG_20170930_145657.jpg


有名な木の根道まで来ました。
あんまり人がいない(笑)


IMG_20170930_150236.jpg


そしてなぜか与謝野晶子の書斎。
すぐ近くには博物館もあり、与謝野晶子に関係するものも展示されているようでした。
さすがに寄らず(笑)
日頃の運動不足からか、このあたりから常に足がプルプルして、写真が手ぶれてしていきます(笑)

IMG_20170930_151629_HHT.jpg


いつのまにか下りになっており、鞍馬寺に到着。
ここまで来たらもうゴールはもうすぐです。
今回の写真はスマホのみなので、全然寄れない(-_-;)

IMG_20170930_153911.jpg

IMG_20170930_152929.jpg


なんか注意書きがあって、マムシとかカエンタケとかがその辺に生息してるらしいです。
カエンタケは真っ赤なキノコで、触るだけでもやばいやつですね(^^;

きちんと舗装された階段をひたすら降りるのみ。

IMG_20170930_154916.jpg



謎のモニュメント。
タイトルは「命」。
IMG_20170930_155925.jpg


そして立派な大木。大杉さんという愛称らしい。

IMG_20170930_160229.jpg


無事に仁王門に到着!

IMG_20170930_161529.jpg


そして鞍馬天狗!!

IMG_20170930_162824.jpg


なんか貴船口駅から魔王殿までが一番しんどかった気が(笑)


このあと、鞍馬温泉に入浴!
水質は特に良いとは思わなかったけど、登山の直後に入るお風呂は最高でした!!
疲れているからなのか、湯につかってる人がみんな無言でした(笑)

その後は移動して演劇観賞。

studio D2 プロデュース公演 vol.20 楽屋 -流れ去るものはやがてなつかしき-

IMG_20171002_214226.jpg

正直疲れたので寝るかと思ってたのですが、睡魔よりも内容の面白さのほうが勝ちました。
話の内容はホラーでした。演劇でホラー系なのは初めて見たかも。

公園場所はTHE BONZE くらぶ 堀北庵というとても素敵な場所でした。
写真は撮り忘れ(笑)

というわけで一日京都を満喫してきましたよ☆ 

ハイキング、今回くらい軽めならまた行ってみたいも思いました。
次回は六甲山かな?

以上cowboyでした!うぇい☆


記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m


Amazon Fireタブレットとアプリ利用での読み上げ機能について

こんばんわ!cowboyです☆

先日、Amazon社が発売しているタブレット、Kindleの10.1インチモデルである「Fire HD 10」にニューモデルが発表しました。



実際の発売開始は2017/10/11からで価格は18,980円(プライム会員だとここから4000円引き)です。
安いですね。
スペックは高性能ってわけではないけど、ネットとか動画を見るくらいなら十分だと思いますね。
またOSはアマゾン独自のFire OS。これはこちらの記事(ウィンタブ:Amazon Fire OS - Amazonサービスに最適化されたAndroid(かのあゆ))が結構詳しく解説してくれています。
あとはアプリかな。
google playが入ってなく(入れる方法はあるが、セキュリティー的にはNG)、アプリはアマゾンアプリストアからインストールする必要があり、これがまたアプリ数が少ないんですよね。

というわけで僕も「接客英語アプリ」だけアプリストアで公開しています。
内容は基本時にAndroid版やiPhone版と同じなのですが、ちょっとだけアマゾンFireタブレットに最適化しています。






正直、アマゾンFireタブレット実機の情報って少ないんですよね。
アプリ開発する際に参考にできるものがほぼ無い。

というわけでテスト用にFire 7を購入しました!!
ちなみにこれもプライム会員なら4000円引きの4980円となります!





購入後2時間ほどチェックしました。
前述したように、ネットや動画程度ならなんの不満も無いくらいよくできている。
安いしいいね!!


ただiPad Airを持っているので、使うことはないかな~。
しかしながら実機を触らないとわからないことが色々ありましたので、購入して良かったです。
特にText to Speechはアプリで使おうとする場合は独特なので。
というかこの辺の資料はアマゾン側が用意してくれても良い気がします(^_^;)



他のアプリ開発社の参考になるかもしれないので、2017/9/28の時点でかんたんに書くと、
1. Text to Speech機能は搭載されているが、初期設定では無効になっている。
2. Googleの読み上げ機能は利用できない(アマゾンストアに「Googleテキスト読み上げ」が公開されていないため)。
3. 読み上げ速度は0.7~4倍速の範囲(あまり遅くできない)
4. 疑問文はきちんと語尾があがる。
5. 数字の読み上げが1000以上だと、単なる数字の羅列と認識する。例えば「2150 yen」はtwo thousand one hundred fifty yenと読んでほしいのに、two one five zero yenと発音されます(困)


以前はFireタブレットのエミュレータをアマゾンが用意していてくれていたんですが、現在はサポートなしです。

Fireタブレットでの表示確認をする場合は、スクリーンサイズやメモリの大きさがこちら(Tablet Device Specifications)で公開されているので、Android Studioで自分でエミュレータを作ります。
基本はAndroid5.1(または5.1.1)をカスタマイズしたものなので、殆どのAndroidアプリはそのまま動くと思いますが、読み上げ機能を利用しているアプリはいろいろ仕様が違うので注意したほうがいいと思います。

以上cowboyでした!うぇい☆



記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m


iPhoneアプリ「接客英語アプリ」(更新情報)

こんばんわ!cowboyです☆

接客英語アプリをリリースしてから何度もアップデートしているのですが、今回久々に大幅に機能を追加したので、以前の記事に追記という形で紹介します。


2017/9/20
各用例の英文を長押しからコピーできるようにしました。



2017/9/7
今回のアップデートでは、確認テストコーナーを追加しました。
詳しくは動画を見てもらったほうが早いです(笑)




デザインも初期の頃と大きく変わり、Android版もgoogle play とAmazon App Storeにも配信しました。
にしてもプログラムとか一切やったことなかったのですが、なんとかなるものですね(笑)


shot1_201709072005314fe.png     shot2_201709072005323c2.png

shot3_201709072005341c9.png     shot4_20170907200535a8a.png

shot5.png     shot6.png

ダンロードは下のアイコンから☆

google-play-badge.png apple ロゴ


要望・不具合・感想等あれば今後のアップデートの参考にしたいと思うので、ストアにて評価・コメントよろしくお願いいたします





<一番最初の記事(20160330175557)は以下から>-------------------------------------

今日は新作アプリの紹介です!!

その名も「接客英語アプリ」

shot1.png      shot2.png


2020年に東京オリンピックを控えている中、今後は外国人観光客が年々増えていくことは確実でしょう。
そうしたお客様を相手に、英語で接客することは当然なこととして求められるはずです。
そこで今回はそのような接客に特化した英語をまとめたアプリです。


ちなみにtechjoというサイトにて既にレビューが書かれています。ありがたいです(*^^*)
英語で接客できるようになる!頻出フレーズをまとめた『接客英語アプリ』が超便利


アプリ自体はシンプルです。
コンセプトは「目で見て、耳で聴いて学習する」です。

よく使うであろう英語の用例をリスト化しています。
そして用例をタップすれば英語で音声が流れるようになっています。
さらに英語音声の速度を遅くすることができるので、しっかりと英語を聞き取ることができます。

また、商品のお値段を英語で言おうとすると意外と難しいので、
値段を入力すると英語で発音してくれる機能も実装しました。

shot4.png


近日中にバージョンアップして用例・単語コーナーを追加する予定です。


もちろん無料ですのでダウンロードはこちら、またはQRコード読み取りで♪


(接客英語)QRcode


以上cowboyでした!
うぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m