その他

インド式掛け算をやってみた。

こんばんわ!cowboyです☆

インド式掛け算が一時期話題になりましたよね。
というわけで今更ながら





やってみた。







調べると何種類かあるみたい。
今回やってみたのは2桁同士の掛け算を線を引いて計算するもの。
とりあえず24×31をやってみよう☆



まずは斜線を2本、少し離して4本引く。
これが24を表している。





次に31を表すために斜線を3本、少し離して1本を写真のように引く。





そしてそれぞれの交点を数える。





四角で囲った数字を足して並べる。それぞれの位置が1の位、10の位、100の位となる。


  

めんどいよ!!
数えるのがめんどいので2本と3本が交わるから2×3=6って計算しちゃう。

結局これと同じじゃん。



結論:線を引く2桁同士のインド式掛け算は、普通の掛け算のひっ算をよりめんどくさくしたもの


却下だ!!


以上cowboyでした。
うぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m

そういえばそろそろ・・・

こんばんわ。cowboyです!

そういえばもうすぐこのブログ、1周年じゃないの?と思い調べました。
第一回の記事が2012年8月10日でした。

一周年にはなんかしたいな〜。
プレゼント企画とか面白そうだけどな☆

でもあげるものなんて無いぞ!
自作したFuzz Factoryならあげてもいいんだけどね。
ファズって使ってみたくて、昔ネットで回路図探し出して自作したんだよね。
ファズってそういうもんなんだろうけど、歪すぎて僕には扱えなかった(笑)
そして発振させることも出来るんだけど、もはやカオスでした(爆)


昔は結構自作したんだよな〜。OD1とかDS1とか。
途中から作ることが楽しくなってきて、本末転倒になったから辞めたけど(笑)
スモーキーアンプも作ったけど、普通に音悪かったな〜。

まあこんな記事書いといて、
普通に忘れていつの間にか1周年の日が過ぎ去る気っていうオチに陥るのだけは避けたいものだ。

以上cowboyでした!!うぇいうぇいうぇ〜〜〜い!!!!!

トリックアート

気持ち悪い(ヽ´ω`)



以上cowboyでした!

交換用レンズ「 H-PS45175-K」「 H-H020」

この前の石川県旅行の際にpanasonic GX1を持っていったのだけど、
付属のズームレンズじゃ風景を撮るには非力でした。
もっと撮りたい物たくさんあったけど諦めたorz

そこでその後すぐにレンズを買いました。



LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S. ブラック H-PS45175-K
「被写体の持つ質感を最大限に引き出す「Xレンズ」 電動ズームで、構図決定がしやすいレバー操作 高性能化と小型軽量化を同時に実現」
結構イイらしい。
しかし使う機会がない(笑)

ついでにアマゾンでいろいろ見てて、良さそうなレンズがあったのでポチリ。



Panasonic デジタル一眼カメラ マイクロフォーサーズ 交換レンズ H-H020
「開放絞り値F1.7の明るさを持つ40mm(35mm判換算)単焦点レンズ・薄暗い室内や、夕暮れ時での雰囲気のある写真や、ボケ効果を活かした印象的な作品づくりまで幅広いスナップ写真が楽しめるレンズです。」
確かに付属のレンズだと昼間の室内でも暗く感じたのだけど
このH-H020はものすごく明るく映る!!
良い!
ってことで常にこのレンズ付けてます。

いや〜、まだまだ未熟者だけどハマリそうだな。
以上cowboyでした。

Panasonic 「LUMIX GX1」

最近ミラーレス1眼デジが欲しいと思い、調べてました。
悩んだ末、パナの「LUMIX GX1」を購入しました。



YAMADA電気で購入したんですが、購入前に価格.comで最安値を調べて値切る気満々で店に向かいました。

最安値より2000円安いじゃないか!?

マイケルみたく「これください」と即購入しました。
ヤマダさん恐るべし。

パナのカメラと言えば思い出があります。
僕が就職活動していたのはリーマンショックが起きた年、2008年です。
正直大変でした。
こんなバカみたいなブログ書いてますが、こう見えても(いや、見えないか)旧帝大の大学院生でした。
毎年推薦で大手に就職できるので、正直ほとんど準備してなかったんですが、
まさかの採用中止、縮小が相次ぎました。

僕は理学研究科だったので「君の研究は当社に何の役に立つのか?」
という常套句を何度も投げかけられました。

理学部は数十年後の技術を研究するところです。正直すぐには応用効きません。
よって不採用が続きました。
さすが就職無理学部!!

そんな中、パナソニックのグループ会社でハロゲンランプ等を作ってる会社の最終面接までいきました。
人事の方いわく、「社長面接は顔合わせみたいなもんで落ちないから大丈夫」と言われてました。
ところがどっこい、落ちました!!(T_T)
社長いわく「君は当社に来るには勿体なさすぎる!もっといい会社に行くべきだ!」
と意味不明のイチャモンを付けられました。
学歴高すぎると扱いにくいと思ったのでしょうか?周りの役員ドン引きでした(笑)

もしもその会社のランプがこのカメラに搭載されてると思うと・・・不思議な気持ちになります(笑)

今回の記事はカメラほぼ関係ないですね(^_^;)
そもそも充電してないのでそのうち使用感とか書きます!