機材

自作エフェクター Fulltone OCD

こんにちわ!cowboyです☆

さて今回は記事のタイトル通り、エフェクターを自作しました!!
Fulltone OCDです♪

元々学生時代にはエフェクターを結構作ってたですね。
やっぱり学生時代はお金がない。
でも欲しい機材がある!!
よし作ろう!!
てな感じです(笑)
確か当時はクローンのケンタウロスっていうオーバードライブが欲しかったのですが(当時中古で10万くらい)、結局作らなかったですね。
OD-1、DS-1、スイッチング、etc

じゃあなぜ今回再び作ったか。

うちのバンドのボーカルがエフェクターを買おうとしないんですね。
サイドギター担当してくれてるんですけど、必要なことはわかってるんですが買わない。
なので僕が作ってやろうということです。

で、ものすごく久しぶりだったので



ものすごく配線が雑になってしまいました。
裏側なんて見せれない(⌒-⌒; )


昔100均で買ったアルミのケースを加工してぶち込みました。




ちゃんと音がなり一安心☆
噂通りのいい音だ~。
実はこのエフェクター、昔作ろうと思ってたんですごく満足しました。
なんか久し振りに弾いてて楽しいと思えるエフェクターでした。

ついでですがこんなものが出てきました。



ZVEX FUZZ FACTORYですね。
ファズを使ったことがなかったので作りました。
オイルコンデンサーが高かった記憶があります。
音を出してみたのですが、凶悪すぎて使いこなせなかったです(笑)

今回、久し振りに引っ張り出してきて音を出してみました。













やっぱり凶悪すぎて使いこなせない(T . T)

誰かいくらかでもらってくれないですかね(笑)

以上cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇい☆




記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m

Crews Maniac Sound 「Reunion」

こんばんわ!!cowboyです☆

さて今日は久しぶりの機材紹介です!!

そうです!!とうとうあいつの出番です!!

この微妙にださいロゴ。

20131127203805438.jpg


その名は・・・

20131127203811128.jpg

その名はReunion!!

てなわけで今年の夏に東京で買ってきたギターです!!
Crews Maniac SoundのReunion!!
真打ち登場です!!


201311272038256d8.jpg

え?なに?単に記事を書くのを忘れてただけだろって?
だまらっしゃい!!

このギターを買った経緯はですね・・・
はい、微妙に忘れていますね(笑)

僕は東京が好きでよく行きます。
そして夏は毎年恒例の我がバンドのベーシストと一緒に観光兼楽器屋巡りの為に東京に行きます。
そして事前に今、新作のアルバムで話題沸騰中のり〜ちさんの紹介でフーチーズという楽器屋に行きました。
そのときの記事はこちらです〜。

僕はこの時、ギブソンES-335 with bigsbyのワインレッドのギターを探していました。
しかし楽器屋を回れどもなかったのです。
そこで最後にこの楽器屋に行きました。
もちろんありません(笑)

この楽器屋はCrews Maniac Soundというブランドでオリジナルの楽器を出していたので
とりあえずこのギターを試奏しました。

・・・びっくらこいた。

まずはクリーントーン。
全ての周波数の音が出ているような感覚でした。
コードを鳴らしてこんなに聴き入れるのか、と思うくらい澄んでいました。
そして歪ませる。勿体無いけど歪ませる。

そこには僕が望んでいた音があった。

この曲では全てこのギターを弾いています。
正直音作りが満足出来るほど作りこめていませんが、僕の好きな音です。
素晴らしいギターです。



以下スペックです。

Neck: Jacaranda on Mahogany, Gross Finish.
Body:Maple Top/Maple Side & Back
Machine Head: Grover®
Pick Up:SAYTONE/62 SLEDGE w/cover
Control: 2Volume, 2Tone, P.U Selector
Bridge:T-0-Bridge
Tailpice: Alnimium Tailpiece

20131127203819d4c.jpg

買値は285,000円でしたけど、この音・弾きやすさを考えると安いくらいです。

ここで楽器について僕が嫌いなものは次の通りです。
①工房系の楽器
→分けわからないくらい多いので手を出すとカオスになりそう。
②手巻ピックアップ
→手巻だから良い音と言う理論が納得できない。結局は材質と精度。
③ラッカー塗装
→手入れが面倒。音がいいというのは迷信(実際にはポリの方が塗装を薄く出来る)。またラッカーだと通気性うんぬんの話があるが、木の水分が外に出るのであれば、同じくらい外の水分がギターの中に入ります(笑)

ちなみにこのギターはこれら全てを満たしております(笑)
純粋に作りが良いんでしょうね。
以上cowboyでした!!うぇいうぇいうぇい!!うぇいうぇいうぇい

KORG 「KAOSS PAD QUAD」

本日2回目の投稿です。
cowboyです。うぇいうぇい。

今日新しい機材が届きました!!

ドドン!!

kaoss1-1.jpg
KAOSS PAD QUAD
簡単に説明すると、エフェクトを選んでパッド上を指でグリグリすると
エフェクトの掛かり具合をリアルタイムで制御できるDJ用エフェクターです。

我がバンドのベーシストの影響でずっと気になっていた機材です。
でも高い。

そんなときベーシストから連絡が。
「セールで新品むっちゃ安いで」

なに?どれどれ?
やっす!?

というわけで仲間入りしました。
箱を開けるとこんな感じ。顔みたいですね(笑い
コンニチワ!!

kaoss2-1.jpg      kaoss3-1.jpg

配置場所が決まってないので、とりあえずはipodを繋げて自分の曲をグリグリする。
いや〜、楽しい!

でも、でもね、使いどころがわからないな〜(笑)
とりあえずツクリモノで使うことは決定したので楽しみです。

そうそう、ツクリモノはギターソロまでアレンジ固めて
デモの音源更新したので気になる人(いますか?)は
聴いてみてくださいな。

まだ安いので良かったら↓(2013年2月17日現在、新品最安値12800円)


以上もうしばらく機材は買わないなと心に誓ったcowboyでした!
うぇいうぇいうぇーい!!

Epiphone Elite Sheraton

こんにちわ〜。cowboyです。
最近仕事ばかりで息切れ気味です。
そして明日はイブなのに僕は出勤です。
まあ休みでも予定はないんですけどね(^_^;)

今回は僕の持ってるギター2本目の紹介です!

エピフォン・エリートシリーズのシェラトンです!

ドーーーン!!

P1000286.jpg
P1000288.jpg
P1000289.jpg

このギターは大学1回生の時にイケベ楽器から通販で買いました。
大阪にはなかったのです。

なぜこのギターを選んだかというと、
oasisのノエルのメインギター(1997~1998年頃まで)だったからさ!!


だからだろうけど、このギターを持つとプレイがラフになりすぎてしまう。
ノエルはコードとペンタトニックくらいしか使わないからね(笑)

音はいかにもoasisっていう音が出ます(伝わるのか?)
ミニハムバッカー搭載で、太いですけど少しトレブリー。
rockです。

セミアコなのにかなり弾きやすく、SCHECTER買うまではメインギターでした。
現在は出番が少なくなりましたが、心のメインギターとして君臨しています。

欠点は少し重いことと、(エピフォンの癖に 笑)値段が高いことですかね。

少し前に投稿した「恋愛至上主義」は全てこのギターで弾いてます。
自己満ですが、いい音です。

以上cowboyでした。

SCHECTER SD-2-24-AS-VTR/KI/MAB/R

我がバンドのボーカルが新しいギターを買いました!
FENDER USAのテレキャスです!


記念に僕のメインギターを紹介します!(笑)

それまではエピフォンエリートのシェラトンをメインに使っていたんですが、
いろいろあって全てを破壊したくなりギブソンのSGに手を出しました。
でもSGのように叩き壊すのではなく、切り裂く感じの音が欲しくて(わかりますか?)
ずっと何かないか探していました。

ありましたよ。

SCHECTERのギターです


schecter1.png
購入したのは今年の5月です。
①H-S-Hタイプ
②24フレット仕様
③ロック式トレモレではないもの
④コイルタップ仕様
⑤アームあり
⑥太い音から切り裂く音までOK
⑦程々に握りやすい細いネック(Ibanezまでいくと細すぎ)

すべて満たしたものがMusic Keyのセミオーダ品でありました!
色も最高!
写真の発色はいまいちですけど(笑)

schecter2.gif            schecter3.gif

音は思ってた以上にいろいろ出て、クリーンからハイゲインまでOK。
またロックペグ仕様なんで弦交換が楽!

これで実売13万は安い(もちろん値切りました)

初めてスタジオに持っていったときはドラマーがテンション上がってテンポ走ってました(笑)

SCHECTER、いろんなジャンルに対応できていいですよ。