自分用メモ

iOS10にするとHotmailのパスワード認証が通らなくなった(解決策)

こんばんわ!cowboyです☆

僕はスマホにミュージックライブラリー全部入れたい派の人間なのでiPhoneではなくAndroidユーザーです(音楽管理ソフトはitunesがやっぱり便利なので、Androidとitunesをアプリで同期しています)。

しかし何故かタブレットはiPad Airなんです。
冷静に考えるとなぜなんだろう。アプリ開発用のために買ったわけでもないし(^_^;)

先日iOS10が配信されて、新しいもの好きの僕はすぐにiPadのOSを更新しました。

ん~、個人的には使いにくくなった(^_^;)
ロック解除はスワイプじゃなくてホームボタンを押さなくてはいけなくなった。
あとは恐らくバグなのだろうけど、今までメールアプリでちゃんと使えていたHotmailのアカウントが認識されなくなった。
正確に言うとパスワードを入力しても何故か通らず、エンドレスで正しいパスワード入力を求められるようになった。
一度アカウントを消して登録し直してもだめ。
なのでメールが届かない(^_^;)

色々調べてみると、Exchangeで設定するとうまくいくという情報もありましたが、当方の環境ではだめでした。

そこでアカウント追加の際にサーバー等を手入力で指定してあげるとうまくいくことがわかりました。

簡単に手順を説明しますと、まずは「設定」→「メール」→「アカウント」→「アカウントを追加」をタップします。
ここで「Outlook.com」を選ばずに、その他」→「メールアカウントを追加」の順にタップしてください。


写真 2016-10-12 11 37 47


新規アカウントの入力画面になるので、各項目を入力してから「次へ」をタップ。
「説明」のところはなんでもいいので適当にHotmailとかでいいと思います。

写真 2016-10-12 11 38 25 
ここでサーバーの接続先を手入力します。
形式にはIMAPとPOPがあるのですが、プッシュ通知をしたいのでIMAPです。
先程入力した項目は既に埋まっているはずなので、以下のように他の項目を埋めましょう。

<受信メールサーバー>
・ホスト名:imap-mail.outlook.com
・ユーザー名:メールアドレスを記入してください

<送信メールサーバー>
・ホスト名:smtp-mail.outlook.com
・ユーザー名:メールアドレスを記入してください(入力しなくてもいい)

写真 2016-10-12 19 57 12 

入力を終えて「次へ」をタップすると完了です。
メールアプリを開くときちんメールが届くようになっているはずです。
もしPOP形式の方を好む方はPOPでのサーバアドレスを入力すればOKです。
 これでメールに関しては以前と同じように便利にiPadを使えるようになりました(^^)
多分iPhoneでも同じようにするとうまくいくと思うので、よかったら試してみてください☆

以上cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m 

海外との取引(売り手の場合)その2

こんばんわ!cowboyです☆

さて前回の記事では自分で運営しているサイトやSNSのやり取りでの商談ではペイパルのような送金サービスを使うのが簡単でかつ安いと書きました。
しかし今回のtairo-teさんの海外発送の際に利用したのはスクエアというサービスでした。
今回はペイパルとスクエアのサービスの比較をし、なぜ最終的にスクエアを利用したのかを書きたいと思います。

<歴史>
ペイパル(PayPal)は1998年にアメリカでサービスが始まりました。
メールアドレスを使って相手にクレジット決済ができるので、海外に対しての支払によく利用されます。また相手にカード番号を知られないので、安心。さらにペイパルが仲介しているので、粗悪な業者からの返金も比較的簡単に行なえます。
現在では190国の地域で利用可能で、2011年11月の時点で2億2000万を超えるアカウントが開設されています。歴史もあり、もはや定番です。

スクエア(Square)は2009年にTwitterの創業者が新たに開始したサービスです。
これもアメリカ発です。
最初はスマートフォンのオーディオジャックにカードリーダーを刺すことで、簡単に対面でクレジット決済ができるサービスでした。アメリカでは2012年からお客様とのクレジットカード処理にスクエアリーダーを使うようになったことでかなり注目を集めました。そのサービスの一つとしてメールでクレジット決済ができるインボイス機能・タブレットをレジにするPOSレジがあります。
最近、ipadをレジにするのをよく見かけるようになりましたね。
対面のカード決済を利用できる国は2016年9月現在、アメリカ(50州)、カナダ、日本、オーストラリアのみです。しかしメールでのクレジット決済機能であるインボイスは利用可能なカード会社であればどこの国でも利用できるそうです(実際に台湾のお客様には利用できました)。
インボイスが利用できる国についてはスクエアのサイトには書いていないのですが、あるブロガーが電話で問い合わせたところ、インボイスは海外でも使えるということらしいです(Squareインボイスは海外顧客からの回収も可能)。

<開設・手数料について>
ペイパルはアカウント・口座開設・管理費・支払者の手数料が無料です。
受取側には手数料がかかり、国内の取引は一件につき3.6%+40円(海外からの取引は3.9%+40円)です。
また海外へ送金する場合は初期設定ではペイパルの為替レートが適応されており、これが約4%程度と高めです。設定でカード会社の為替レート(一般的に2%程度)に変えることができるのですが、変更の仕方がちょっとわかりにくいですね(^_^;)
ペイパル口座から銀行口座に引き出す際には5万円以下なら250円の手数料がかかります。

スクエアはカードリーダが4980円(昔は無料だった)、アカウント・口座開設・管理費・支払者の手数料は無料です。対面でのカード決済を利用しない(メールでのカード決済のみ利用)場合はカードリーダは必要ないと思います。これについてはサイトに記載されていないので、検討している方は一度スクエアに問い合わせてください(^_^;)
取引ごとに受取側に3.25%の手数料がかかります。国内外共に同じ手数料です。
海外へ送金する場合もカード会社の為替レートなので2%程度です。
またスクエアからの銀行口座への振込手数料は無料(スクエアが負担)です。

こうやって比較すると
・ペイパルのほうが普及しているが、手数料が高い
・スクエアはカードリーダーまで買う必要があるのかもしれない

という感じですね。
今回のtairo-teさんの件ではすでにスクエアのカードリーダーを購入していたので、手数料が安いスクエアのインボイス機能を利用しました。
支払う側からするとそれほど差はない気がしますが、売り手側からするとペイパルの銀行口座への引出し手数料250円はちょっと高いですね(^_^;)

tairo-teさんはネット販売以外では主に京都での手作り市で出店しており、最近はカード支払いを望むお客様も増えてきたとのことです。
なので、クレジット決済に対応したいのであれば、対面・メールでもクレジット決済ができるスクエアがおすすめです☆
カードリーダーもiphone、アンドロイドの両方に対応しています。

ちなみにスクエアのカードリーダーはマニアック過ぎてあまり家電量販店では見かけませんね。
僕はアップルショップで購入しました。アップルショップなら必ず扱っているそうです。
近くにない場合はアマゾン等の通販、もしくはスクエアのサイトから注文するのがいいでしょう。

               

 カードリーダー1 

カードリーダー2 


にしても便利な時代になりましたね。
あと5年もしたら時代に置いて行かれるような気がしました(^_^;)

以上cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m 

海外との取引(売り手の場合)その1

こんばんわ!coboyです☆

先日、個人発送についての記事を書きました。
ふと気づいたんですが、海外とのお金のやり取りについて一言も書いてないことに気づきました(^_^;)
せっかく色々調べたので、忘れないうちにまとめておこうと思います。

オンラインショップについて

まず浮かぶのが自分でショップサイトを運営することです。
ただしこれはパソコンの知識が必要だし、管理に結構な労力が費やされます。
またお客様を集めるのにはなかなか大変ですので、それなりに有名になってからの方が良いと思います。

今ではいろんなショップサイトに個人で作った商品を展示することができるようになりましたので、最初はそのようなサイトに出店という形で始めたほうがいいと思います。
すでに有名なショップサイトだと、商品を見てもらえる可能性は高まります。
またサイト管理に気を取られないのもメリットです。
海外向けで有名なのは「Etsy」ですね。
このサイトは日本語でも表示されるのですが、いわゆる自動翻訳なので、英語が出来ないとちょっと困るかもです(^_^;)
また日本で有名な「Creema」も設定すれば香港・台湾向けのショップページを作ることが出来ます。
ただしこれも中国語に自動翻訳なので、相手にきちんと伝わるかは不明です(^_^;)
ただ、お客様とのやり取りはCreemaのスタッフが人力で翻訳してくれるようなので、そこは安心です☆
(一例としてtairo-teさんの日本語ページ香港・台湾のページのリンクを貼っておきますので参考にしてください。)

またオンラインショップとは別にFacebook、ツイッター、インスタグラム等のSNSを利用してお客様に商品をアピール、商談ということも出来ます。(前回の記事でのtairo-teさんの海外発送の件はインスタグラムでした。)

全くもって便利な時代になりましたね(^^)


支払について

ショップサイトを利用する場合は、ショップのレジ機能を使えるので非常に楽です。
ショップサイトのガイドに従えばいいので、迷うことはないと思います。
その代わりに結構な金額の手数料がかかります(Creemaの場合、出店料はかかりませんが成約すると国内では8~12%(食べ物は14%)、海外だと16%の手数料がかかります)。

自分でサイトを運営する場合や、SNSでのやり取りでの商談では自分で請求書を作成して相手に送付し、入金・確認・商品の発送という非常に足取りが重くなるような流れが待っています。
また海外からの入金には銀行や郵便局を利用する場合、数千円となる非常に高額な送金手数料・受取手数料が待っています。(参考サイト:海外送金手数料の比較

そこで非常に便利なのがペイパル等が行なっている、電子メールとインターネットを利用した送金サービスです。
これらのサービスは非常に簡単でかつ、銀行や郵便局よりも非常に小さい手数料で利用することが出来ます。

このような送金サービスで最も有名なのはペイパルでしょう。
僕も個人輸入するときに使っていますが、今回の海外発送の件で実際に利用したのはスクエア(Square)という会社のサービスです。
ではなぜスクエアを選んだのか。
長くなりそうなので、一旦ここで区切ります。
次回はペイパルとスクエアの比較をしたいと思います。


以上cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m
  

海外発送について(小形包装物)

こんばんは、cowboyです☆

実は最近、手づくりで帽子や服などを作っているtairo-teさんを応援しています。

tairo-teさんのサイト

tairote_top.png


tairo-teさんのオンラインショップのサイト(Creema)

tairote_creema.png 

先日、台湾の方から海外発送できないかと相談されたそうなので、英語のやり取りから発送の準備等、色々手伝いました。

ちなみに僕は個人輸入をよくしますが、個人輸出は初めてです(^^)

発送方法は色々あったのですが、値段と到着期間と荷物のサイズを考慮して日本郵便の小形包装物を利用することにしました。
ただし安い分、追跡や保障がないのが少し心配でしたが(^_^;)

送料は重量と送り先の国によって変わるので、日本郵便のサイトで事前に計算しておきましょう。

日本郵便:料金・日数を調べる

今回注文があったのは台湾の方から、ヘアバンドとエプロンだったので計260gでした。
送料は470円でした。(ちなみに250gまでだったら400円(ーー;))
海外発送とは思えない安さですね(^^)


今回は壊れるようなものではないので、これくらいの梱包でした。


可愛らしい絵ですね(^^)
荷物に相手の住所を書いたラベルを張り(海外発送時の宛名の書き方)、郵便局へ持って行きます。
(もし国際小包で発送する場合は専用のラベルがあるので、郵便局でもらいます。)

郵便局にて税関告知書CN22というものを記入して、料金を支払えば完了です。

順調に行けば一週間程度でつくそうです。
意外と簡単ですね(^o^)

今回は商品が小さかったので小形包装物で発送出来ましたが、それ以外の方法で海外へ発送する場合は微妙に手順が違うので、日本郵便のサイトをよく読み、不明な点は実際に郵便局にて聞いてみましょう☆

どちらにしてもそれほど難しくはないので、もし海外発送してみたい方はチャレンジしてみては☆

海外との取引に関しての記事も書きました。



以上、cowboyでした!うぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m

 

Mac版Javieのバグと対処法

こんばんわ!cowboyです☆

さて前回は新曲「now...」の動画を投稿しましたね。
え?見てないって?



今すぐ見てくださいお願いします!!



・・・取り乱してしまいましたね。
動画制作にはフリーの動画作成ソフトMac版Javieを使用しました。


Javie20151203.png

このソフトはとても使いやすいですね。
これがフリーでいいのかってレベル。
WinとMacの両方に対応してるので、僕みたいな両刀使いのクラウドストレージ使いなら最高です!

ただ、更新が随分前から止まっているので微妙にバグが残っていたりします。
そして調べてもたいていは出てきません(笑)
重大なバグなら使うのを辞めるのですが、何とかなりそうなレベルだったので頑張って対処法を見つけました。
皆さんも頑張ってください☆



って感じで終わらしたら怒られそうなので、バグの内容と対処法を紹介します。

①画像ファイルなのに動画ファイルとしてインポートされる。
JPEGやPNGなどの画像をプロジェクトにインポートする際に、何故か再生時間0秒の動画ファイルとして認識される場合があります(今のところMac版しか発生していないです)。
その場合は解像度を落とすなどして画像ファイルのデータ容量を小さくしてインポートすると画像ファイルとして認識されました。

②ファイルをインポートすると落ちる。
作業を進めていると、新たにファイルをプロジェクトにインポートする際にソフトが落ちるようになりました。
その場合はインポートするファイルのデータ容量を小さくするなどして、プロジェクト全体の容量が小さくなるようにすると、ソフトは安定するようになりました。

③保存したプロジェクトを起動できない(読み込み途中で落ちる)。
作業途中で保存したプロジェクトを読み込む際に落ちるようになりました。
その場合はインポートした画像ファイル等のファイル容量を小さくしてから立ち上げると開くようになります。(ちょっと伝わりにくいかもしれません(^_^;))

④Mac版Javieで動画の書き出しができない。
Mac版Javieの最新ver0.5.13は2種類あります。
普通に考えると、更新日時の新しい「Javie-0.5.13-macosx-x86_64-experimental.dmg」(64bit版かな?)をインストールすると思うのですが、なんとこちらのJavieは動画の書き出しが出来ません。
なので更新日時の古い「Javie-0.5.13-macosx-x86.dmg 」をインストールしてください。


今のところ遭遇したバグはこんなところです。
また何か見つけたら、そのたびに追記するようにします。

以上、cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m