日常

2017年元旦

おはようございます!
そして
あけましておめでとうございます!!

いうわけで


行くぜ2017!!
今年もよろしくお願いします☆


20170101105055812.jpg


記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m

2016年大晦日

こんばんわ!cowboyです☆

今日大晦日!!
2016年も終わりです!!


部屋の掃除もしたし、後は寝るだけです(笑)

今年もいろんな方にお世話になりました。
来年もよろしくお願いしますm(_ _)m



以上cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇいうぇいうぇいうぇいうぇい!!(2016回書こうかと思いましたが、すぐに止めました笑)

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m

最近ハマっていること

こんばんわ!cowboyです☆

最近ハマっていることがあります。


そうです。足つぼです!

しかもテレビでよく見るような痛い奴。

ホントは足つぼマッサージでやってもらいたかったんですが、お金を払って痛い思いしたくないので、こんなものを使って自分で押しています。

IMG_20161209_231408_HDR.jpg


これは尖っている部分、丸い部分、平らな部分を持っており、自分で足つぼを押す際に強さを選ぶことができる優れものです。
ヴィレッジヴァンガードで確かワンコインだったと思います。
僕はもっぱら尖った部分で足裏をこれでもかって感じで押しております。

ちなみにこの器具のお陰で「手裏剣坊や」という新しいあだ名を付けられてしまいました。
非常に残念ですシュシュシュ。


これを使って足裏を押します。
よくテレビの罰ゲームで見られるような、激痛にのたうち舞う様子がありますが、、、



まじで痛いです。


今までは正直大げさに痛がっているんだろうなぁと思っていましたが、まじで痛いです。
あまりにも痛すぎて、眼を強く瞑るくらい痛いです。
自分でやってもこれくらい痛いので、誰かに全力で押されたら全力で蹴り返す自信があります。
でも場所によっては痛くないのが不思議です。

ネットで足裏のツボの効用を書いた図を見ながら奥歯を噛み締めて足つぼを押しています。
プラシーボ効果かもしれませんが、押した後は確かにスッキリするんですよね。

というわけで興味がある方はやってみましょう!

以上手裏剣坊やでした!
うぇいうぇいうぇい☆


記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m







カラオケ配信とかいろいろ

こんばんわ!cowboyです☆


最近更新頻度が少なくなってきました(^_^;)
何処かに行ったり何かしたりしても、インスタで写真と簡単なコメントでお終いと言うことが多いです。。。

まあ手抜きですわ。


とりあえずここしばらくのことでも簡単に書いていきましょう(笑)


①一冊洋書(Steve Jobs)を読み終えたので違う本を読み始めました。


 

海底二万海里と同じ作者のJules Verneの「The Mysterious Island」(邦題:神秘の島)です。
Jules Verneはフランス人でして、この本はフランス語を英訳したものです。
アマゾンで200円(ちなみに電子書籍版はなんと0円!)でした。
安かったのと、海底二万海里が面白かったので買いました。
まだ読んでるのが序盤なんですが、作品自体が古い(1874年発表)だからなのか、または仏語を英訳しているからなのかわかりませんが、表現がすごく堅いです(^_^;)
英語の勉強としては正直どうかと思いますが、面白いと評判なのでじっくりと読んでいきたいと思います☆

②Apricotに2年前の曲を今更褒められました。
ちょっとmusique hack用に曲を書いていまして、ボーカルのApricotとLineでやり取りしていたら急に
A「そうそう、あの曲、なんやったけ。cowboyの曲でいいのあったよ。曲名教えて」
C「あ、そうなん?どれ?
Apricotからメロディを歌ったボイスメールが届く。

・・・なんだこれ?

自分のサイトにアップしてる曲があるから探しました。

これでした。


2014年に作った曲ですね。
そして今気づきましたが、動画作り忘れてて、youtubeにもニコニコにも投稿してない曲です。

というが意外と僕の曲を隅々までチェックしてますね(笑)

というわけでこの曲、musique hackとしてリアレンジする可能性大です!!
当時にも聴かせているはずなので、そのときに褒めてよ(^_^;)
(当時は確か華麗にスルーされました。。。)

③オリジナル曲「イツカノソラ」がカラオケ配信されました♪
僕の作った曲のカラオケが全国のJOYSAOUNDで配信中です!!

是非是非カラオケに行く際にはJOYSOUNDのあるところへ☆

IMG_20161203_093420_HDR.jpg 

 

以上、cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m

 

Isaacson 『Steve Jobs』 (追記あり)

こんばんわ!cowboyです☆

「貴君、終わったよ、終わった」と呻いた。
私は思わず緊張し、「何が終わったんです」と詰め寄った。

「これだよ」


 

cowboyは大切そうに懐に抱え込んでいた物を出した。
それはWalter Isaacsonの『Steve Jobs』であった。

「半年に渡る旅が先日終わった。あんまり感動したので、貴君に伝えようと思ったのだ。」


・・・・というわけで僕の大好きな森見登美彦氏の『四畳半神話大系』のワンシーンを改悪してお届けしました。

いや~、長かった。

途中から英語の勉強ということで音読しながら読んでいたので時間かかった。
でもこのボリュームの洋書を読み終えたことはかなりの自信になりました☆

さて、次は何にチャレンジしようか?

ちなみに『四畳半神話大系』のワンシーンで取り上げられている本はジュール・ヴェルヌの『海底二万里』ですが、これは数年前に日本語で読破しております。これも面白いので良かったら読んでみてください(^o^)




以上cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇい☆

さっき気づいたんですが、ネタを考えるのに一生懸命で『Steve Jobs』の感想を全く言ってなかった(笑)

この本を読んで思ったこと。

ジョブズはきっついな〜。

多分、会えば魅力的なのかもしれませんが、えげつない暴言に某ブラック企業並の「いいからやれ」。
人のアイデアを結構盗んできたのに他人にやられると猛烈にキレる。
極めつけは部下のアイデアを一旦罵倒して「クソ」と言っておきながら、翌日にさも自分で思いついたかのように言う(更には特許出願の際には自分の名前が一番最初に来る)。
共同設立者のウォズニアック氏に対しても新商品開発の妨害をしてたしね。


・・・。


本書内でよく罵倒されているビル・ゲイツ氏が神のように思えました。


後はAppleの現CEOであるティム・クック氏の優秀ぶりが目立っていたような気がします。
この人も部下にはきっつい。

でもジョブズが役員を前に引退宣言をする際に見せた優しさにはしびれました。
この人はジョブズの後を引き継いだのは当然なのだと感じました。

スティーブ・ジョブズ。

この人はクレイジーでかつジーニアス。
あなたのことを嫌いになったと同時に好きになりました。

本当に厄介な人ですね。


記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m