2015年04月

いまさらのTASCAM iM2購入

こんばんわ!cowboyです☆

先週に4日ほど東京に行ってきました。
せっかくなんで何か掘り出し物がないか見てたらこんなものを見つけました。


PHOTO_20150416_235801-01.jpeg


いまさらのTASCAM iM2です!!
じつはこれ、音質が良いとの噂だったので最近探してたんです。

製品: iM2 | TASCAM

ASCII.jpの記事

藤本健氏の記事



今までは僕の外出時の持ち物はスマホ、Wi-fiルータ、第4世代ipod touchでした。
前回までの記事のように、スマホをSIMフリー機プラス格安SIMに切り替えたので
荷物も減らしたいなと思い、スマホでテザリングし、かつituneをアンドロイドスマホに
同期させることにしました(使用アプリはiSyncr)。

なのでipod touchがいらなくなったんですね。

そこで今、スタジオ練習の時にipad airプラスZOOMのiQ5の組み合わせで録音しているわけですが、
ipod touchで代用したいなと。
ただiQ5はlighteningコネクタなんですね。第4世代ipod touchには接続できない(30ピンコネクタが必要)。

そこでTASCAM iM2を探してたわけです。
商品自体が古いのでなかなか見つからなかったのですが、渋谷の パワーレックで見つけました!!
なんと1200円!!
確か昔見かけた時の相場は8000円くらいだったはず!!


買いました!!


というわけでまだスタジオでは使用していないのですが、自宅でテストしたところ、確かに綺麗に録音できます。

難点としては、ipod touchに接続する場合のみの問題なんですが、iM2とイヤホンジャックが位置的に被っているので、録音音源を確認する際は一旦iM2を外す必要があります(^_^;)
iphoneだったら問題ないみたいですけど。

でも荷物も軽くなったし満足!!

写真はipad air + ZOOM iQ5 と ipod touch + TASCAM iM2の大きさ比較。
自分の影が入りこんじゃった(^_^;)

PHOTO_20150417_212752-01.jpeg


ここで一つの疑問が。

あれ?もしかしてアマゾンで見ても安かったりして。。。





実際に安かった(笑)

買った値段と同じだったから良かったけど、探さずにアマゾンで見てたらすぐあったのか(笑)
ちなみにサウンドハウスでもお安いです。

サウンドハウス TACAM iM2

まあそういうことなので、
30ピンのコネクタのiphone、ipod touchをお持ちの方、安くて良い音なのでオススメですよ!!
多分もう製造していないから買うなら今かな??

以上cowboyでした!!
うぇい☆


SIMフリー機乗り換えまでの旅 その3 (実際の手続きの流れ)

こんばんわ!!cowboy です☆

さて今回はSIMフリー機乗り換えまでの旅 その3として、
実際に僕が行った乗り換え手続きについて書いていきます。


①MNP予約番号の取得
現在契約しているキャリアでMNP(番号を変えずにキャリアを変更すること)に必要な番号を貰う必要があります。
なので事前に近所のドコモショップに行ってきました。
(ちなみに電話やメールでもMNP予約番号は取得できるようだ)
休日はいつも混み混みですが、平日だったのですぐに対応してくれました。
MNPの予約番号が欲しいと伝えるとすぐに番号取得してくれました(ちなみに手数料2000円かかります)。
このMNPを用いて他のキャリヤで契約すると自動的にドコモと解約となるようです。便利ですね。
ちなみにドコモを解約するとせっかく貯めておいたドコモポイントが失効となりますので注意!
これには納得いかないですね(^_^;)
なので事前にポイントは消化しておきましょう!!

②端末の購入
さて、僕は新たにSIMフリー機を購入して使う予定なので、まず家電量販店に行ってきました。
他の地区ではどうかわかりませんが、大阪では難波のLABIがかなり安いので、そこでZenfone 5を購入しました。もし近くにSIMフリー機を販売していなければ、アマゾン等で通販する必要がありますね。




購入の際にヤマダ電機が運営するMVNOを進められましたが、スペックを聞いてIIJと比較しましたが、価格設定以外で優るところがなかったのでパスです。
ちなみに店員さんと意見が一致したのですが、今のところMVNOとしてはIIJかOCN ONEが優れているとのこと。特に自宅のネットもOCNにする場合はかなりお得みたいですね☆




③ビックカメラにてIIJの契約 
IIJの即日開設窓口はビックカメラにあるので、LABIで購入したZenfone 5を片手に難波ビックカメラ1階にあるBIC SIMカウンターへ向かう。
平日ということもあり、待っている人は僕以外で二人。
案内がないのでよくわからなかったが、並んでいる順番を記入する台帳もないようなので、とりあえず長椅子に座って待つ。5分ほどすると新しくスーツ姿のサラリーマンが僕の次に並んだ。
なんか紙を持っている!!(・。・;
どうやら入り口に事前記入用紙があったようだ。案内ないからわからないよ(^_^;)
とりあえずその紙を取ってきて、名前とMNP予約番号、継続する携帯の電話番号を記入して待つ。
ちなみに僕の後に何人か並びましたが、みなさん事前にMNP番号を取得してきてなかったようで、何度もキャリヤに電話していましたが、なかなか電話が繋がらないようでした。
やっぱりMNPは事前に取得しておくのが良さそうです。

しばらく待つと僕の番が来たのでカウンターへ。
書類を渡されて必要事項を記入。
MVNOで出来ること、出来ないことのチェックリストを渡されて確認、サインする。
使用する端末を聞かれてZenfone5と伝えると手続きをしてくれました。
あまりマイナーな機種じゃなければこの時点で店員さんが使用の可否を確認してくれるみたいですね。
その場でIIJのSIMカードを購入して手続きをしました(もちろん事前購入も可能)。



今回は以前と同じ電話番号をしようするMNPなので手続きに1時間かかるとのことなので、待つ。
印鑑は使わなかったです。
ちなみにこのとき隣のカウンターで若い女性がiphone6のSIMフリー版で手続きをしていました。
10万近くするのを購入したんですね(^_^;)すごいな。

1時間待ってSIMカードを受け取りました。
端末の設定方法が記載された紙をいただきましたが、Zenfone5では各MVNPの設定がプリセットで入っているので、選択するだけでOK☆
すぐ使えます。

現在、機種変して2週間近く過ぎました。

なんの問題もなく快適に動作しています。
テザリングも可能です。


Ymobile!も解約しました。
これで月々5000円近く節約出来ました( ̄▽ ̄)


いや~、おすすめです!!
また使用感とかで思うことがあれば書きます!

以上cowboyでした!!
うぇい☆

SIMフリー機乗り換えまでの旅 その2 (端末について)

こんばんわ!!cowboyです☆

先週は東京に行っていたので更新遅くなりました(^_^;)
そのときの話はまた後日にするとして。。。

SIMフリー機乗り換えまでの旅 その2です!!

前回はどこのMVNO(格安SIMキャリアのこと)を選ぶまでの話でしたね。

今回は端末の選定について。

まずは2パターンについて考えます。
①現在使用しているスマートフォンをそのまま使う。
②SIMフリー機を購入して使用する。

まずは①からお話します。

現在使用されている端末はドコモ、ソフトバンク、auのいずれかで購入されたもののはずです。
(それ以外のものを使っている人は十分にガジェット系に詳しい人です笑)

キャリア別にまとめると
ドコモの端末   ・・・ドコモ系列のMVNOでそのまま使用可能(※)
auの端末     ・・・au系列のMVNOでそのまま使用可能
ソフトバンクの端末・・・使用不可

(※)テザリングに関してはMVNOでは使えない端末もあるので注意

au系列のMVNOは軽く調べたところ、現時点ではmineoとUQ mobileしかないみたいです。
そしてソフトバンクの端末だけはそのままMVNOの格安SIMを使用することが出来ないんですね(^_^;)


次に②SIMフリー機を使う場合。
簡単に言うと、
使用したい端末の対応している周波数帯をチェックしてください!!(笑)
いや〜、もうこう言うしかないんです(^_^;)

一応、僕が端末を選んだ時に重視したポイントだけ書いておきます。
ちなみにドコモ系列のMVNOを使うこと前提なので注意を。

・LTE対応している(してなければ3G回線しか使えない)
・FOMAプラス(800MHz)に対応している(していなければ山間部等で圏外になる恐れあり)

あとはCPUのコアの数がいくつだとか、バッテリーの容量がどうだとか、ディスプレイやカメラの解像度がどうだとかです、はい。

以上のことを踏まえて僕が選んだのはASUS(えーさす?えーすーす?)のZenfone 5です☆


基本的にコストパフォーマンスで選びました。カメラの画素数がちょっと弱いかな(^_^;)
でもそれ以外は満足!!サクサク動きます!!


最後にキャリアにてSIMロックを解除してもらってSIMフリー化にする場合について少し。(androidのroot化やiOSの脱をしてロックを解除する方法もあるが、メーカー推奨じゃないので興味ある方は各自調べてください)

SIMロック解除したドコモ、ソフトバンクの端末・・・ドコモ系のMVNOが使用可
SIMロック解除したauの端末・・・au系のMVNOが使用可、端末によってはドコモ系列のMVNOも使用可(※)
※端末がグローバルモデルでドコモの系列の周波数に対応している場合可能

なんでこうなるかはこちらのサイトを参照。スマライフ MVNOの格安SIMはauやSoftBankのスマートフォンで使えるの? 

簡単に言うと、ドコモとソフトバンクは通信の規格が同じだけれども、auは違うので互換性はないということです。一部のauの端末はグローバルモデルとして発売されているので、ドコモ系列の周波数帯に対応しているものもあるようですが、auの端末に関しては素直にau系列のMVNOを利用したほうが良さそうですね。

というわけで端末についてのお話でした。
次回は実際の手続きの流れについて書きます!!

以上cowboyでした!!うぇいうぇいうぇい☆

SIMフリー機乗り換えまでの旅 その1 (格安SIMについて)

こんばんわ!cowboyです☆

前回、格安SIM+SIMフリーデビューしたと書きました。

備忘録として、実際の手続きの流れをまとめておきます。

<重要>
※当たり前ですが、メリットとデメリットがありますので
一度調べていただいたあと、
メリット>デメリットの方のみ乗り換えをおすすめします。
参考としてこのサイトはわかりやすいと思います。目指せスマホ料金 月2500円



では行きましょうか。

まず始めにしなければいけないことはどこの格安SIMを使うか。
考慮したポイントは次の4つ。
①実際の通信速度、②即日開通可能か、③お値段、④その他特典


その前にMVNOというものについて。
MVNO(Mobile Virtual Network Operator)とは簡単に言うと、自社で大規模なネットワーク回線の設備を持たず、大手キャリア(つまりドコモやau)から回線網を借りてサービスを提供している業者のことです。
インフラに対して大規模な設備投資等のコストがかからないため、料金設定を安くできるとのことです。
つまりドコモから回線を借りている業者なら公表されている通信速度は基本的にどこも同じです。

これを踏まえて進みましょう。

まず①に関してです。

先ほどの話だと、ドコモから回線を借りていれば通信速度に差はないはずなのですが、
実際に利用できる通信速度には差が生じています。
参考としてリンクを張っておきます。1000円を切る格安SIMで快適に“高速通信”できるのか 実測してみた (1/3)
このHPでの実験は2014/2/20のものなので、2015/4/6現時点で同じ実験を行うと恐らく違った結果となるとは思いますが、兎も角業者によって通信速度に違いが生じることは間違いありません。

ではなぜ違うのか。

MVNOは大手キャリアから回線を借りていると先ほど説明しました。
MVNOと大手キャリアとを繋ぐパイプの太さによって実際の通信速度に違いが生じるのです。
パイプが太ければ太いほど回線に余裕があるので、安定して高速通信を提供できる。
つまりパイプにどれくらい設備投資ができているかですね。

②店頭で即日開通できるかどうか。

これ、個人的にはかなり重要です。だってMNPで電話番号買変えないで通信業者変える場合、
即日開通できないと数日間電話出来ないから。
というかこれを最重要とするならば候補となる通信業者は一気に少なくなる。
即日開通できる店舗を一番多く有しているのはBIGLOBEですかね。イオンにて契約できる。
その次はビックカメラで開通できるIIJmio。次にOCNといったところかな。
※各業者、続々と即日開通できる店舗を増やしているので一度きちんと調べること。

③お値段。

大事なんですけど、各業者での差が月々300円とかなのであまり重視してなかったです(^_^;)
むしろ次の項目のその他特典のほうが大事。

④その他特典。

公衆無線LANが無料、低速通信と高速通信を切り替えて通信容量を節約、
余った通信容量を持ち越しできる、通話料に割引があるetc。

以上の件を考慮し、再考に再考を重ねてた結果、IIJmioにしました!!
IIJ BIC SIMウェルカムパック SMS対応 マイクロSIM

特徴としては
・通話SIM 5Gプラン 2200円 + 通話料(20円/30秒)
    ※アプリ経由で通話料10円/30秒に割引(IP電話ではないとのこと)
・通話料金にファミリー割が適用される(2015/4/1時点でIIJmioのみ実施)
・高速LTEと低速通信をアプリで簡単に切り替えられる。
    ※普通なら高速LTEの容量を使いきってから低速に変わるが、この機能により
      LineやFacebook、メール閲覧の時は低速、地図アプリやネット、動画の時は
      高速LTEに切り替えることで通信容量を節約できる。
・ビッグカメラの店舗で契約するとWi2 300公衆無線LANが無料で利用できる。
・大阪難波にビッグカメラがあるので即日開通できる。

正直5Gプランの料金は他の業者の方が値段は安い(といっても300円程度)。
しかしそれを上回るくらいに細かいサービスが僕にはピッタリだった。

これでやっと業者は決まった。

次は端末について。
でも記事が長くなっちゃったので次回にしましょう。

以上cowboyでした!!
うぇい☆


↓は今回はパスした他の業者。
でもお値段や質、サービスはどこも悪くないのでおすすめ。


楽天モバイル(バナー無し)










SIMフリーに機種変してみました!!

おはようございます!cowboyです☆

4月に入りまして、いろいろな手続き、切り替え等ありまして顕微鏡作成は一旦ストップしてます(^_^;)


先日、appleがSIMフリーのiPhone6とiPhone6 plusを再発売したというニュースがあり、一万円近くの値上げが話題となりました。それに伴い、家電量販店等でも格安SIMについての情報が目立つようになりました。

そんな中、10年以上docomoの携帯電話を使っていた僕が格安SIMとSIMフリースマホに乗り換えることにしました。(ちなみにあまり知られていないみたいですが、10年以上docomoを使っている方は1年縛りで途中解約金が3000円となっています)


ここでまずcowboyの3月末のdocomo携帯端末使用料について。
docomoのデータ通信は常時offにしており、別途契約しているY!mobileのWifiのみで通信している。

・基本使用料        743円
・通話料          160円 ←電話してないな(笑)
・SMS通信料          6円
・Xi パケホーダイ ダブル 2000円
・spモード            300円
・ケータイ補償       380円
・Xiカケホーダイ       667円
・ユニバーサル料        2円
・eビリング割引         −20円
・月々サポート      -2624円
・消費税          339円

合計            1952円

となっています。月々サポートは端末の割引を24ヶ月分割で割り引いているので、
docomoの通信費としては実質4576円です。

次にY!mobileの通信費です。
データ量は無制限プランとなっています。用途は外出時のスマホ、タブレットがメインです。
現在月々の使用データ量は3GBに届かない程度です。

・端末代分割      1400円
・通信費        3133円

合計          4533円

となっており、Y!mobileの通信費は実質3133円です。

以上より僕の通信の固定費は4517+3133=7650円となっていました。


MVNO(いわゆる格安SIM)はたくさんあっていろいろ調べました。
先行基準としては
①通信のつながりやすさ
②MNPで即日開通できるか(ちなみに大阪在住)
③通信費


これらを考慮した結果、IIJmioをビックカメラのSIMカードで契約しました!!

その結果


月々のスマホの利用料
5GB  2220円 プラス通話料金(税別)

    通話料金は20円/30秒ですが、これはカケホーダイではない大手キャリアと同じ値段です。
    ※IIJmioのアプリ経由で電話した場合通話料が半額になります(IP電話ではないとのこと)

僕はあまり電話しないので5000円近く安くなったね!!
※ドコモの端末でもこれらの格安SIMは使えるけれども、SPモードの契約がない場合テザリングができないように細工されているので、端末をroot化するか、SIMフリー機を購入する必要があるので注意!!
 
iphone6のSIMフリー機を購入しようかと思ったんですが、端末代が10万円近くするので諦めましたorz

ちなみに今回はASUSのZen Fone5を購入しました!!
Experia Aから2年経ってるのでキビキビ動いて快適です。

sim free



というわけで今回はSIMフリー機と格安SIMに乗り換えましたという話でした!!
以上cowboyでした!!うぇいうぇいうぇい☆

以下は今回候補になった格安SIMの通信会社のリンクです。


楽天モバイル(バナー無し)