2016年07月

違ってもいいじゃない♪

こんにちわ!cowboyです☆

最近流行りのあれといえばあれですよね!!

そう、Pokemon GO!!

日本で配信される前から海外で社会現象となっていました。
先日日本でも配信が始まったのでスマホにインストールしてみました。



結果、、、


一番最初のPokemonを捕まえて、しばらくしてアプリを消しました(汗)

僕は初代ポケモンがゲームボーイで発売された時に小学生だったので、リアルタイムでPokemonを触ってきた世代なんです。
だがしかしbut、けどけれどもyet、ポケモンをやったことがないのです!!
ちなみにこのことを言うと「子供の頃に何をしてたの?」と驚かれることがとても多いです。
確かに当時、男の子でポケモンをやってなかったのは僕くらいだった気がします(^_^;)

別に少数派の俺かっこいい!!て感じで避けてたわけじゃないんです。
ただ、その頃はポケモン以外にやりたいゲームがあったのでそっちをやっていました。
僕は格ゲーやRPGが好きだったのです。
カプコンのストリートファイターシリーズやSNKのKOF(KOF94が出た時は興奮しました!!ラスボスのルガールが強すぎて心が折れました。)、さらに黄金期のFF(2~8までプレイしました)。

そうなんです。小学~中学生までの僕はかなりのゲーマーだったのです。
ゲームのやりすぎの反動か、高校入試を境に全くやらなくなり、代わりに音楽に埋もれる生活になりましたが(^_^;)

そんな経緯があるので、Pokemon GOをやっても思い出補正が全く無いのです。
なのでポケモンをゲットしてもテンションが上がりません。何がレアなのか全くわからないのです。
しかも30代になるとポケモンをみんなと探しに行くってこともさすがにしないので、僕からしたらよくわからない可愛いモンスターを捕まえるためのお散歩ゲームです。

別にPokemon GOを否定しているわけじゃないんです。
Pokemon GOはIngressを日本人でも楽しめるようにしたゲームということで素晴らしいと思います。
ただキャラゲーなので、ピカチュウぐらいしか知らないおじさんには面白さがわからない。

思い出補正って素敵だなぁって思います。
FB等でもやってる方が何人かいて、傍からみてたら楽しそうです。
正直羨ましい(笑)

そういえば小学生の頃、ミニ四駆が大流行した時もまったくやらなかった。
その時はSDガンプラにはまっていて、そっちを集めていた。

スマホは日本未発売のものを海外から輸入して使っている。
海外のスマホはグルーバル展開しているので安くて高性能なのが多いので。

なんだろう、この人とはずれた感性( ;∀;)


この感性が音楽性等に生かせれた良いんですが、作る曲は結構普通のポップス。
う~ん(^_^;)

結局何が言いたいかわからなくなってしまった(笑)

まあ、あれです。

人と違ってもいいじゃない♪
そして自分と違う感性を否定せずに受け入れられるようになりましょ☆
ポケモン万歳!!



以上、cowboyでした!
うぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m


オリジナル曲「雫」

こんばんわ!cowboyです☆
微妙に久しぶりの更新です。

今回は新曲です!!しかもボーカロイドではなく生歌です!!!



まあ僕じゃないですけど(笑)
ボーカルはApricot、歌詞とベースはキタムです。
メンバーはバンドの人たちなんですけど、あんまりバンドってこだわると良くないのかなと思いまして。

だからユニット的な感じで、その時々でいろんな人に参加してもらう形にしていこうかなと。
じゃないとせっかくの曲も発表できないですからね(^_^;)

この曲は2012年にキタムが僕のうちに遊びに来た時に、じゃあなにか作るわってことでさくっと作った曲です。
他のメンバーは気に入ってたみたいですけど、作曲した僕が嫌いだった(笑)

本当はイツカノソラの録音をしようと思ってたんですけど、何故かこの曲になりました。

ちなみにデモということでピアノとボーカルだけのものも作ったんですけど、もしかしたらソッチのほうがいいかも(笑)



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「また明日」 
それは最後の言葉 
優しい嘘の言葉


揺れ動く 僕の心 
あなたとキミの間で 
こんな気持ち、あるはずない 
あなたが嫌いなのに


突き止めたい 
ただそう思っていただけなのに 
最低な結果がその口をあけて


傷ついて、大声上げて泣いて 

みっともない姿だけど 
少しずつ、進めているかな 
今は何も分からない


なんとなく気づいてた 
キミがついた嘘のこと 
今気づいた 恐かった 
一人になるということ


気づかないフリなどして 
誤魔化してみるけど 
終幕は 突然その顔を出して


零れてく 
救いようもないほどに 
すべてをキミに押し付けて 
最後まで言えやしなかったんだ 

僕がついてた嘘を


最低な この僕は 
それでもまだ一人が恐くて


傷ついて、大声上げて泣いて 
あなたの胸のなかで僕は 
少しずつ、進めているかな 
今は何も分からない


静かに夜は眠っていく


---------------------------------------------------------------------------------------------------------

おまけのデモ



記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m