2016年08月

海外との取引(売り手の場合)その1

こんばんわ!coboyです☆

先日、個人発送についての記事を書きました。
ふと気づいたんですが、海外とのお金のやり取りについて一言も書いてないことに気づきました(^_^;)
せっかく色々調べたので、忘れないうちにまとめておこうと思います。

オンラインショップについて

まず浮かぶのが自分でショップサイトを運営することです。
ただしこれはパソコンの知識が必要だし、管理に結構な労力が費やされます。
またお客様を集めるのにはなかなか大変ですので、それなりに有名になってからの方が良いと思います。

今ではいろんなショップサイトに個人で作った商品を展示することができるようになりましたので、最初はそのようなサイトに出店という形で始めたほうがいいと思います。
すでに有名なショップサイトだと、商品を見てもらえる可能性は高まります。
またサイト管理に気を取られないのもメリットです。
海外向けで有名なのは「Etsy」ですね。
このサイトは日本語でも表示されるのですが、いわゆる自動翻訳なので、英語が出来ないとちょっと困るかもです(^_^;)
また日本で有名な「Creema」も設定すれば香港・台湾向けのショップページを作ることが出来ます。
ただしこれも中国語に自動翻訳なので、相手にきちんと伝わるかは不明です(^_^;)
ただ、お客様とのやり取りはCreemaのスタッフが人力で翻訳してくれるようなので、そこは安心です☆
(一例としてtairo-teさんの日本語ページ香港・台湾のページのリンクを貼っておきますので参考にしてください。)

またオンラインショップとは別にFacebook、ツイッター、インスタグラム等のSNSを利用してお客様に商品をアピール、商談ということも出来ます。(前回の記事でのtairo-teさんの海外発送の件はインスタグラムでした。)

全くもって便利な時代になりましたね(^^)


支払について

ショップサイトを利用する場合は、ショップのレジ機能を使えるので非常に楽です。
ショップサイトのガイドに従えばいいので、迷うことはないと思います。
その代わりに結構な金額の手数料がかかります(Creemaの場合、出店料はかかりませんが成約すると国内では8~12%(食べ物は14%)、海外だと16%の手数料がかかります)。

自分でサイトを運営する場合や、SNSでのやり取りでの商談では自分で請求書を作成して相手に送付し、入金・確認・商品の発送という非常に足取りが重くなるような流れが待っています。
また海外からの入金には銀行や郵便局を利用する場合、数千円となる非常に高額な送金手数料・受取手数料が待っています。(参考サイト:海外送金手数料の比較

そこで非常に便利なのがペイパル等が行なっている、電子メールとインターネットを利用した送金サービスです。
これらのサービスは非常に簡単でかつ、銀行や郵便局よりも非常に小さい手数料で利用することが出来ます。

このような送金サービスで最も有名なのはペイパルでしょう。
僕も個人輸入するときに使っていますが、今回の海外発送の件で実際に利用したのはスクエア(Square)という会社のサービスです。
ではなぜスクエアを選んだのか。
長くなりそうなので、一旦ここで区切ります。
次回はペイパルとスクエアの比較をしたいと思います。


以上cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m
  

海外発送について(小形包装物)

こんばんは、cowboyです☆

実は最近、手づくりで帽子や服などを作っているtairo-teさんを応援しています。

tairo-teさんのサイト

tairote_top.png


tairo-teさんのオンラインショップのサイト(Creema)

tairote_creema.png 

先日、台湾の方から海外発送できないかと相談されたそうなので、英語のやり取りから発送の準備等、色々手伝いました。

ちなみに僕は個人輸入をよくしますが、個人輸出は初めてです(^^)

発送方法は色々あったのですが、値段と到着期間と荷物のサイズを考慮して日本郵便の小形包装物を利用することにしました。
ただし安い分、追跡や保障がないのが少し心配でしたが(^_^;)

送料は重量と送り先の国によって変わるので、日本郵便のサイトで事前に計算しておきましょう。

日本郵便:料金・日数を調べる

今回注文があったのは台湾の方から、ヘアバンドとエプロンだったので計260gでした。
送料は470円でした。(ちなみに250gまでだったら400円(ーー;))
海外発送とは思えない安さですね(^^)


今回は壊れるようなものではないので、これくらいの梱包でした。


可愛らしい絵ですね(^^)
荷物に相手の住所を書いたラベルを張り(海外発送時の宛名の書き方)、郵便局へ持って行きます。
(もし国際小包で発送する場合は専用のラベルがあるので、郵便局でもらいます。)

郵便局にて税関告知書CN22というものを記入して、料金を支払えば完了です。

順調に行けば一週間程度でつくそうです。
意外と簡単ですね(^o^)

今回は商品が小さかったので小形包装物で発送出来ましたが、それ以外の方法で海外へ発送する場合は微妙に手順が違うので、日本郵便のサイトをよく読み、不明な点は実際に郵便局にて聞いてみましょう☆

どちらにしてもそれほど難しくはないので、もし海外発送してみたい方はチャレンジしてみては☆

海外との取引に関しての記事も書きました。



以上、cowboyでした!うぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m

 

ニフレル&茨木辨天花火

こんばんわ!cowboyです☆

連日の猛暑でへとへとになりそうですね。
ちなみに僕は半年ほど前から急にアトピーのようになりまして、急激に活動範囲が縮小しています。
ボルダリングも随分行けていません。。。
最初は全身の発疹、現在は顔が皮膚炎で真っ赤です(^_^;)

そんな中で先日の茨木市辨天花火に行ってきました!
せっかく茨木市に行くので、最近出来たエキスポシティにある、「ニフレル」という水族館にまず行きました!!

ちなみにエキスポシティでは入り口で何故かアムロとシャアが戦っていました。

OI000160.jpg  ニフレルは一般的な水族館とは異なり、大型の魚よりも小さめの魚を小さな水槽でたくさん展示するという、少し変わった水族館でした。

水槽がどのように配置されてるかわかる写真は撮り忘れました(笑)

OI000221.jpg

OI000223.jpg

OI000222.jpg

ニフレルという名前は「~に触れて」から来てるらしく、当日はドクターフィッシュの体験コーナーがありました。
少しこそばゆい感じでした(^^)

OI000230.jpg

中には魚類だけじゃなくて、ネコ科の動物もいて、大人気でしたよ(^^)

OI000113.jpg

OI000111.jpg

また「ペットボトルが不要の食べる水」というものが売っていました。
期待して買ったのですが、、、水に糖分を加えて甘くしているようで、単なるゼリーみたいでした。
ちょっとがっかり。。。

OI000115.jpg

他にはペンギンやカピバラ、おサルさんもいて、水族館なのか動物園なのかよくわからなかったけど、かなり楽しめるようになっていました☆

そして夜は花火。

OI000030.jpg

OI000015.jpg


こうしてまた、一夏が過ぎていきます。


以上cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m