2016年10月

イツカノソラ(動画)

こんばんわ!cowboyです☆

今更ですが、イツカノソラの動画が完成しました!!
今回はからwindows専用のフリーソフト、aviutlで作成しました。
色々調べるとものすごく難しそうで敷居が高かったのですが、実際に使ってみると非常に簡単。
実際に今回の動画もかけた時間は数時間くらいです。

そしてついでなのでボーカロイドだけでなく、友人のapricotが歌う「musique hack ver.」も作りました。

musique hackとかっこよく言っていますが、簡単に言うと僕が作った曲をボーカロイドではなく人間が歌うプロジェクトのことです。
僕の曲は人間が歌ったほうがいい。

動画内容はどちらも同じなので一度見てください☆

ボーカロイド版
 


musique hack版


音だけで充分な人はこちらを。



以上cowboyでした!
うぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m
 

iOS10にするとHotmailのパスワード認証が通らなくなった(解決策)

こんばんわ!cowboyです☆

僕はスマホにミュージックライブラリー全部入れたい派の人間なのでiPhoneではなくAndroidユーザーです(音楽管理ソフトはitunesがやっぱり便利なので、Androidとitunesをアプリで同期しています)。

しかし何故かタブレットはiPad Airなんです。
冷静に考えるとなぜなんだろう。アプリ開発用のために買ったわけでもないし(^_^;)

先日iOS10が配信されて、新しいもの好きの僕はすぐにiPadのOSを更新しました。

ん~、個人的には使いにくくなった(^_^;)
ロック解除はスワイプじゃなくてホームボタンを押さなくてはいけなくなった。
あとは恐らくバグなのだろうけど、今までメールアプリでちゃんと使えていたHotmailのアカウントが認識されなくなった。
正確に言うとパスワードを入力しても何故か通らず、エンドレスで正しいパスワード入力を求められるようになった。
一度アカウントを消して登録し直してもだめ。
なのでメールが届かない(^_^;)

色々調べてみると、Exchangeで設定するとうまくいくという情報もありましたが、当方の環境ではだめでした。

そこでアカウント追加の際にサーバー等を手入力で指定してあげるとうまくいくことがわかりました。

簡単に手順を説明しますと、まずは「設定」→「メール」→「アカウント」→「アカウントを追加」をタップします。
ここで「Outlook.com」を選ばずに、その他」→「メールアカウントを追加」の順にタップしてください。


写真 2016-10-12 11 37 47


新規アカウントの入力画面になるので、各項目を入力してから「次へ」をタップ。
「説明」のところはなんでもいいので適当にHotmailとかでいいと思います。

写真 2016-10-12 11 38 25 
ここでサーバーの接続先を手入力します。
形式にはIMAPとPOPがあるのですが、プッシュ通知をしたいのでIMAPです。
先程入力した項目は既に埋まっているはずなので、以下のように他の項目を埋めましょう。

<受信メールサーバー>
・ホスト名:imap-mail.outlook.com
・ユーザー名:メールアドレスを記入してください

<送信メールサーバー>
・ホスト名:smtp-mail.outlook.com
・ユーザー名:メールアドレスを記入してください(入力しなくてもいい)

写真 2016-10-12 19 57 12 

入力を終えて「次へ」をタップすると完了です。
メールアプリを開くときちんメールが届くようになっているはずです。
もしPOP形式の方を好む方はPOPでのサーバアドレスを入力すればOKです。
 これでメールに関しては以前と同じように便利にiPadを使えるようになりました(^^)
多分iPhoneでも同じようにするとうまくいくと思うので、よかったら試してみてください☆

以上cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m 

Isaacson 『Steve Jobs』 (追記あり)

こんばんわ!cowboyです☆

「貴君、終わったよ、終わった」と呻いた。
私は思わず緊張し、「何が終わったんです」と詰め寄った。

「これだよ」


 

cowboyは大切そうに懐に抱え込んでいた物を出した。
それはWalter Isaacsonの『Steve Jobs』であった。

「半年に渡る旅が先日終わった。あんまり感動したので、貴君に伝えようと思ったのだ。」


・・・・というわけで僕の大好きな森見登美彦氏の『四畳半神話大系』のワンシーンを改悪してお届けしました。

いや~、長かった。

途中から英語の勉強ということで音読しながら読んでいたので時間かかった。
でもこのボリュームの洋書を読み終えたことはかなりの自信になりました☆

さて、次は何にチャレンジしようか?

ちなみに『四畳半神話大系』のワンシーンで取り上げられている本はジュール・ヴェルヌの『海底二万里』ですが、これは数年前に日本語で読破しております。これも面白いので良かったら読んでみてください(^o^)




以上cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇい☆

さっき気づいたんですが、ネタを考えるのに一生懸命で『Steve Jobs』の感想を全く言ってなかった(笑)

この本を読んで思ったこと。

ジョブズはきっついな〜。

多分、会えば魅力的なのかもしれませんが、えげつない暴言に某ブラック企業並の「いいからやれ」。
人のアイデアを結構盗んできたのに他人にやられると猛烈にキレる。
極めつけは部下のアイデアを一旦罵倒して「クソ」と言っておきながら、翌日にさも自分で思いついたかのように言う(更には特許出願の際には自分の名前が一番最初に来る)。
共同設立者のウォズニアック氏に対しても新商品開発の妨害をしてたしね。


・・・。


本書内でよく罵倒されているビル・ゲイツ氏が神のように思えました。


後はAppleの現CEOであるティム・クック氏の優秀ぶりが目立っていたような気がします。
この人も部下にはきっつい。

でもジョブズが役員を前に引退宣言をする際に見せた優しさにはしびれました。
この人はジョブズの後を引き継いだのは当然なのだと感じました。

スティーブ・ジョブズ。

この人はクレイジーでかつジーニアス。
あなたのことを嫌いになったと同時に好きになりました。

本当に厄介な人ですね。


記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m