2017年07月

てん、(musique hack ver.)

こんばんわ!cowboyです☆

久しぶりの新曲です!!

てん、です。


「てん」じゃなくて「てん、」です。

読み方は「てん」なのか「てんてん」なのかは決めてません。

タイトルを決める際に、Oasisの"The Masterplan"発売時のNoel Gallagherのインタビューを参考にしました。

(IT'S GOOD) TO BE FREEという曲の解説の中で

●どうして曲のタイトルにカッコをつけたりするんでしょうね?
「おれもずっとそれが不思議でさ。だから自分でもやってみてんだよ。理由がわからないから。ほら、例えばあの"(What's The Story) Morning Glory" みたいにさ。『どっちにしたって、みんな"Morning Glory"って呼ぶんだろうけどな』とは思っていたけど。

中略

へっへっへ。どうしてカッコをつけるのか、自分でもわかんないけどさ。今後もどんどんカッコを使ってくと思うよ。アルバムのタイトルを全部カッコ入りにしてみようかな。で。『カッコ・アルバム』って呼ぶんだよ。」
(引用終わり)


なので僕もどうせ「てん」ってみんな呼ぶんだろうけど、曲名を「てん、」にしたのさ。
へっへっへ。

さて曲解説を。

今回は曲のストリーを僕が作り、作詞は友人であるnagara氏(youtubeチャンネルはこちら)に依頼しました。
nagara氏を喫茶店に呼び出して、イントロからAメロ、Bメロと、曲の隅々までストーリを話しました。
そして最後に一言。



そんな感じでまとめて。





鬼ですね。はい鬼です。


そんな無茶ぶりに対して素晴らしい書いてくれました。
本当にありがとう!!

でもボーカルのapricotはこの曲のサビのメロディーが嫌いだと言い放ったよ。
世知辛いね。

ここで7th-labの兄貴のレビューをどうぞ。
「ギターアレンジ、ちょっと自信あるでしょ(笑)? 。
まんまとハメたな。ちょっと奇をてらう感じも良いし、ミックスも良い。
そして、仲間って良いもんだねぇ。音源に滲み出てるよ。」

それに対するapricotのコメント(原文ママ)。
「おかしいなあ、滲み出てるのか(笑)」


では、歌詞をじっくり読みながらお聴きください☆





てん、


 カーテン越しの光は夢うつつ 忘れてた想い出の駒送り
 まだ薄暗い部屋の静けさと 平和すぎる気怠さに 目を閉じた

 唐突に放り出された場面は 十年くらい前の分かれ道
 「あの頃に戻れたら」なんていう ないものねだりが頭をよぎった

 旧知の後悔ごとき先回りしてしまえるのならもうこっちのもんだ

 テストのヤマも 惚れた好いたも 芽を摘み取るような擦れ違いも
 思い返したら肝心だったあれこれも

 掴めなかったなら掴むまで 天を衝くつもりで声にして
 勝ち誇った笑みで 自分好みの色に塗り替えて

 完璧主義になりたがる辞書から「無駄」も「失敗」も「もしも」すらも消えてく

 追い付いたカレンダー 見慣れた街並に馴染まない呼吸
 そもそもあったかどうかもあやふやな願い

 マイナスはプラスに転じて 得るものしかなかった毎日のはずなのに
 何故か 泣けてきた

 そこで 目が覚めた

 手を伸ばそうとすらしなかった 伝えたい言葉を飲み込んだ
 不器用な点で形作られた そんな僕を 今 

 止められてた時計のアラームが 鮮やかに香るコーヒーが
 開き切ったカーテンの眩しさが 呼んでるんだ ほら



以上cowboyでした!!
うぇい♪

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m



cowboy、岐阜に立つ その2

こんにちわ!cowboyです☆

鵜飼漁を見れなかった翌日、朝から温泉に浸ってスッキリ爽快な気分で出発!!

前日のごはん屋の女将さんにお勧めの場所を聞いたら
「お勧め、ねぇ~。この辺は特に何もないから、ねぇ~。岐阜城とか?」

というわけで岐阜城に行くために岐阜公園へ向かいます!!

その前に古い町並みが残る川原町界隈を散策しました。(岐阜公園も近いしね☆)

写真 2017-07-03 12 17 41

写真 2017-07-03 12 21 04


なんか木材加工の工房とか初めて見ました(お仕事中だったので写真は撮らず)。

庚申堂という、ものすごくこじんまりとしたお寺がありました。
有名な見ざる言わざる聞かざるがここにもいました。
他にもあちこちにお猿さんが隠れています。

IMG_20170703_105704.jpg



京都にも同じ庚申堂というお寺があり、そこは縁結びで有名らしいですが、ここはどうなんでしょうね。

お猿さんがくくられており、
くくり猿 → さる結び = 猿結び = えん結び = 縁結
ということらしいです。
なんか無理矢理感が。。。

お昼ごはんは川原町屋というカフェで。
素敵な場所でした。

写真 2017-07-03 11 14 02

素敵な置物。

写真 2017-07-03 12 15 10


さて、岐阜公園に向かいます。

今度は勇ましい信長像が出向かてくれます。

写真 2017-07-03 12 34 29


公園内は自然がいっぱい。

写真 2017-07-03 12 42 57

写真 2017-07-03 12 45 31

写真 2017-07-03 12 49 19


岐阜城は遥か山の上にあります。

写真 2017-07-03 12 27 06


向かうにはロープウェイを利用するか、登山道を登るの二者択一。

健康志向の僕はもちろん













写真 2017-07-03 13 01 11




ロープウェイ。




車両内ではいろいろな案内が流れていたんですが、一緒に乗り込んだ添乗員さんの生アナウンスでした。
ちょっとびっくり(笑)

ロープウェイ下り場からは多少歩きます。

岐阜城が見えてきました。

写真 2017-07-03 14 09 54


実際に行くとわかりますが、思ってたよりも小さく、こじんまりしていました。
中は資料館となっており、以前に名古屋城に行ったときとよりも武器や防具の資料が多めです。
やはり戦国時代の岐阜城と、徳川が全国統一してから作られた名古屋城では雰囲気が違いますね。

やたらとある、信長の肖像画。

写真 2017-07-03 13 44 39

写真 2017-07-03 13 45 01

写真 2017-07-03 13 44 10


おっと失礼!最後のは斎藤義龍の肖像画ですね。

写真 2017-07-03 13 44 10(up)


インパクトがあります。


岐阜城付近ではアブがブンブン飛んでいてちょっと怖かったです(^_^;)

この日はかなり風が強かったのですが、天守閣からの眺めは最高ですね。

写真 2017-07-03 13 35 10


ちなみにロープウェイ乗り場にはリス園が隣接しています。
たくさんのリスが放し飼いされています。

写真 2017-07-03 14 39 14


片手に軍手をはめて餌やりができるのですが、片手でカメラのシャッターを切ることになるので、ピントを合わせにくいです(言い訳)。

写真 2017-07-03 14 36 17


ちなみに殆どのリスが怪我していたんですが、飼育員いわく、リス同士が喧嘩して噛んじゃうらしいです(^_^;)


ロープウェイに乗って再び岐阜公園に戻ると、なんとナナフシがいました!!
初めて見ました。
風景と同化してしまい、うまく写真取れず。
無念。


この辺でデジカメのSDカードの容量が無くなり、あと1枚だけになってしまいました。

なので最後の一枚はこの方。

写真 2017-07-03 15 23 23


板垣退助。

板垣退助はこの岐阜で暴漢に襲われ、負傷した(岐阜事件)のですが、かの有名な「板垣死すとも自由は死せず」という言葉はこの襲撃を受けた際に叫んだと言われているそうです。
しかし、色々諸説あるらしいです(板垣自身が後に「アッと思うばかりで声も出なかった」とも書いているらしい)。

というか、暗殺された際に言った言葉だと思い込んでいました。
勉強不足でした(^_^;)


ここで岐阜の旅は終了です。
さあ次はどこへ行こうか?

以上cowboyでした!
うぇいうぇいうぇい☆

写真 2017-07-02 11 41 31



記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m



cowboy、岐阜に立つ その1

こんばんわ!cowboyです☆

実は7月の頭に仕事のお手伝い兼観光で岐阜県に行ってきました!!

岐阜は結構楽しかったですよ☆

まずは岐阜駅前にそびえ立つ、金色の織田信長。

写真 2017-07-02 10 08 40

写真 2017-07-02 10 09 13


う~ん、なぜ金色にしたのか聞いてみたい(笑)

一応軽く調べてみたら、色々考察されてるブログ記事(JR岐阜駅前の「黄金の信長像」は誰が何の目的で建てたのか?写真を撮るとそのヒミツがわかる?)を見つけました。
真意はどうかわかりませんが、意地の張り合いが本当なら困ったもんですね(^_^;)

金色の織田信長の目下ではビール祭りが開催されていました。

写真 2017-07-02 15 20 47


ものすごい人でした。あまりの暑さと人の多さだったのでビールは止めておきました(笑)

岐阜駅直結のアクティブG ではドレミ階段というものがあり、階段をピアノの鍵盤に見立てており、踏むとその鍵盤の音階が鳴るのです♪

写真 2017-07-02 10 00 54



ただし、白鍵と黒鍵を同時に踏んでしまうと不協和音が鳴り、気持ち悪かったです(^_^;)
みなさん、きちんと音階を奏でましょうね♪


岐阜駅から地下道を渡ると岐阜繊維街があります。いわゆる問屋街です。
ちょうどセール?だったみたいで多くの貴婦人たちがダンボールに入った破格の値段の洋服を我先にと奪い合っていました。
怖くて近づけなかった。。。(笑)

繊維街を歩いているとお店の前で初老の男性がアコーディオンを演奏していました。





貴婦人たちの戦いを哀愁漂うメロディーが包み込む。
なんだかシュールでした。
音楽では争いを沈めることはできないのかもしれませんね(笑)

一本奥に入ると、そこでも多くの争いが起きていました。
しかしそこでも違ったメロディーが場を包み込んでいました。

このメロディーは、、、、

津軽海峡雪景色!!?





小林宣伝社というちんどん屋さんが練り歩いていました(歌い手さんの前日のブログ記事)。

まさか暑い季節に津軽海峡雪景色を聴くとは思わなかったです(笑)
にしても可憐なカメラ目線は素敵でした☆

夜は岐阜駅からすぐ近くの長良川温泉にて宿泊。

旅館に着いたのは確か20時頃、ちょうど長良川にて鵜飼漁が行われていました。
漁舟が放つ煌々とした光。
鵜の働きを見ようと多くの人が川沿いに詰めかけていました。

とりあえず夜ご飯が食べたかったので、旅館の方に周辺のごはん屋さんを紹介してもらいました。
「ちょうど今、鵜飼い漁をやってるで、行く途中にでもご覧になってくださいね。」
と言われたのですが、このような温泉街のお店は早くしまっちゃうイメージがあるので、先にお店へ行って営業時間を調べに行きました。

お店の前でメニューを確認、美味しそうだなと入店しました。
飛騨牛、初めて食べましたけど超美味しい!!
そんなこんなで夕食を食べていたら、恐ろしいことに気づきました。


あれ?営業時間確認しに来たのに、普通に食べてる。。。



夕食を食べ終えて川に戻るとそれはそれは真っ暗な闇があたりを包み、この川沿いには街灯がないことを知りました。

なんというか、鵜飼い漁を見るのに最適な旅館に泊まり、最適な時間に着いたのに普通に見逃してしまうなんて。。。

無念!!



今回はここまで!
以上cowboyでした!続くうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m



筋肉痛が。。。

こんにちわ!cowboyです☆

ここ数年アトピー体質だったのですが、なんとか治ったので少し前に、ものすごく久しぶりにボルダリングに行ってきました(^^)
久しぶりにしては結構登れたんですが、筋肉痛がハンパなかったです^_^;

そんな中ツイッターで、ブロともでもある某TKさん(本名書くとすぐに誰だかバレるのでイニシャルで!え?意味ないって?)がプランクポーズを連続5分間できるようになったとツイートしていて、たまげてしまった。

ちなみにプランクポーズとはこんなポーズです。

IMG_20170716_110701.jpg


なんだ簡単そうだ!と思ったあなた!
そうあなた。
やってごらんなさい。

正しい形でポーズを取れていたなら30秒辺りから苦しくなるはずです。
さあ!やってごらんなさい!

そんなわけでTKさんに触発されてこんなものをアマゾンで買っちゃいました。

IMG_20170709_191826_HDR.jpg



そう、腹筋ローラー。
ローラーの腹筋じゃないですよ。
うふふ。オッケー。

早速やってみる。

なんだ、意外と楽じゃないか。


いや待て。おそらく正しい形でできていないに違いない。

そんなわけで調べました。
この動画が個人的に一番分かりやすかったです。




早速やってみる。



あ、これ息が止まるくらいしんどいやつだ。



めげずに限界までやってみた結果。



椅子に座るときに腹筋が痛いくらい筋肉痛。


それもなんかみぞおちの辺りと横隔膜辺りの筋肉痛がひどい。
こんなところ筋肉痛になったことない!

筋肉痛が痛すぎて3日間腹筋ローラーが出来なかったです。


そんなわけでここしばらくは筋肉痛と友達になっていたのですが、だからなのかスマホの予測変換がおかしくなってしまいました。

予測変換がおかしい。 #筋肉痛 #ベストセラー #筋肉痛がベストセラー #予測変換 #おかしい

Cowboyさん(@cowboy_noelrecords)がシェアした投稿 -



以上、cowboyでした!
体調がよくなったので饒舌うぇいうぇいうぇい!

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m


なんばグランド花月で吉本新喜劇を見てきました!!

こんばんわ!cowboyです☆

先日、なんばグランド花月にて吉本新喜劇を見てきました!!

IMG_20170710_101957_HDR.jpg
注:人形です。本物のめだか兄さんは出演なかったです。


大阪在住で昔からテレビで見てきたのですが、生で見るのは実は初めてだったりします(^^)
ちなみに、昔は日曜日も放送されていて開始時間も12時と、今よりも一時間早かったんですよね。

今回は11時からの部でした。
館内飲食可でした。弁当付きのチケットにて入場。


<前説>
ええ声音楽学校
 メンバー
   おかけんた
   ぢゃいこ
   前田まみ
   家門鈴乃
   福田多希子
   
<漫才・落語>
アキナ
テンダラー
ユリアンレトリバァ
メッセンジャー
大木こだま・ひびき
坂田スペシャル
西川きよし
月亭八方

<新喜劇>
川畑泰史
桑原和男
島田一の介
浅香あき恵
Mr.オクレ
烏川耕一
宇都宮まき
吉田裕
松浦真也
今別府直之
諸見里大介
森田まりこ
金原早苗
その他(覚えきれないです笑)


前説では、ええ声~~~♪で有名なおかけんた氏が客席からアコギを抱えて登場!
ええ声楽学校の生徒(という設定)の女性陣と一緒に会場を盛り上げました☆

続きまして、漫才・落語の部です。

トップバッターのアキナ。
名前だけ見たら誰かわからなかったのですが、去年のM1グランプリに出ていた漫才コンビですね。
顔を見てわかりました。
キャッチコピーは「バブって言うほどガキやない。公文行くほど大人やない。」
それなりに若手芸人だと思うのですが、安定した笑いでした。

次のテンダラー。
友達曰く、2001年に初めてM1が開催されたときに既にコンビ結成10年が過ぎていたため出場することができなかったけれど、出場していたなら優勝間違いなしと言わしめたコンビです。
今回の漫才・落語の部では個人的に一番笑いました。
何度かテレビでネタを見ていましたが、相変わらず浜本氏のくどい絡みが面白いです☆

ユリアンレトリバァは登場時に最も拍手が大きかったです。
やはり勢いがありますね!!
ご存知の方も多いかと思いますが、やはり濃いです。
そしてじわじわときます。濃すぎて単独公演だと僕の体がもたない気がしました(笑)

メッセンジャーは関西以外の方はご存知なのかな?
ネタは関西圏以外の人が想像する、大阪の下品なお笑いと言った感じです(笑)
「おばはん」を連呼するような、いかにも関西な感じなので、もしメッセンジャーを知らなければ一度動画を探してみては?

大木こだま・ひびきは大御所ですね。
残念なことに、彼らの漫才は休憩とみなす人が多く、かなりの人がトイレ休憩に行きました(^_^;)
この人達、面白いんですがテレビで見かけることが多すぎて僕自身が慣れすぎてしまっていました(それでも面白かったですが)。
こんなことを言うと「往生しまっせ!」と言われてしまいそうです。

坂田スペシャルはあほの坂田師匠をメインとしたコントです。
坂田氏、なんと76歳。
ネタの小道具に自分の本物の年金手帳を持ってきて笑いを取っていました。まだまだ現役ですね。
まだ結婚相手を募集しているので、我こそはという美しい女性は是非連絡を取ってみてください。

西川きよし師匠はよく秘密のケンミンSHOW等に出演しているのでご存知の方も多いのでは。
テレビではよくうざいキャラとして扱われていますが、舞台ではまだまだ笑いを取りますね。正直びっくりしました。
ちなみに今回のスタイルは、遠方からきた団体客(今回一番の遠方は確か宮崎県)へのお礼と、その地方に関する小話でした。よくそれで笑いを取れますよね。

漫才・落語の部ラストは月亭八方氏。
落語といいつつ、落語はしてません(笑)
終始小話で、いつ落語に入るんだろうと思っていたら終わりました。
話は面白かったんですが、落語じゃない!!
時間の関係か、当日の客層を見て辞めたのか。。。

5分ほどの休憩を挟みました。

続きまして、吉本新喜劇です。

川畑泰史氏が座長の舞台ということで、手堅い内容でした。
多分一時間近くあったはずですが、あっという間に終わってしまいました。
次から次へとネタをぶっこんでくるので、いちいち記憶できてません(^_^;)
最近はテレビで新喜劇をあまり見なくなったので知らなかったのですが、
宇都宮まき氏がかなりぐいぐい笑いを取りに行く感じになってるのですね。
今回はメインのボケ担当でした。昔はアイドル枠だったので意外性があってよかったです。
諸見里大介氏(滑舌の悪さを武器とする)と松浦真也氏(ギターで歌って笑いを撮る)はもはや鉄板ですね!
今回は吉田裕氏はいましたが、すっちー氏がいないので乳首ドリルはなかったです。
残念。
個人的に気になったのは桑原和男氏。声も小さく、出番も少なかった。
ラジオでもしんどいからスタジオまで車で来たという発言もあったようで、お体が心配です。


ちなみに漫才から新喜劇までを2時間半くらいで立て続けです。
最後は笑い疲れます(笑)
でも笑うと気分がよくなりますね。関西の方も、関西以外の方も一度行ってみてはどうでしょうか?

最後に。

弁当の箱の裏を切り取ると、しげぞう(辻本茂雄氏が演じる暴れん坊おじいちゃん)のズラになっていました。

ズラ1


以上cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇい!

最後に乳首ドリルを貼っておきます。
この、けっこう前からあったのですが、いつの間にか全国区になってるのですね(笑)
拍手も鳴るようになってる(笑)




記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m

cowboy、愛知に立つ その2

こんばんわ!cowboyです☆

cowboy、愛知に立つ その2です!!

名古屋といったら味噌カツ、ひつまぶし、Jazz Bar(異論は認める!!)
ということで、ポートメッセなごやでの用事を済ませたあとに老舗Jazz BarのSTAR☆EYESに行ってきました♪

当日演奏していたのはNew Albumを引っさげてConcert Tour 2017 "Songs To The Moon"で来日していたIsabella Lundgenです!!

公式ホームページはこちら♪







Jazz Barなので、ステージと客席がとても近かったです。
もう肉眼でプレイヤーの表情が確認できるくらい。

OI000005_201707052114290e9.jpg


大きなステージで大きな音響でのステージもいいですが、たまには小さな箱でしっとりと聴くのも良いものです☆

とても素敵な演奏でした♪
ステージ終了後は気さくに写真やサインに応じてくれました(^^)

お店も素敵でした。
ちょっと驚いたのが、ジャズバーなのに飲食のお値段が普通なんですよね!!
ジャズバーの食べ物の値段は高いイメージなのでびっくりです!


OI000013_20170705211431e28.jpg


この日は日程最終日でかつ完全フリーだったので、名古屋城に行ってきました。
入場料を払い最初に出てきたのは、金のシャチホコのレプリカ

OI000014.jpg

正面から見るとなかなか凶暴そうです(笑)

OI000015_201707052117096b1.jpg

少し歩くとお城が見えてきました。
金のシャチホコが微妙に見えますね!!

OI000016.jpg

まずは復元された名古屋城本丸御殿に入ります。

慶長20年(1615)に尾張藩主の住居・政庁として天守閣の南側に建てられた書院造の名古屋城本丸御殿は、近世城郭御殿の最高傑作と言われ国宝に指定されていた建物らしく、国宝になっている京都二条城の二の丸御殿と並ぶ武家風書院造の双璧と言われていたとのこと。
1930年(昭和5年)に国宝に指定されたのだけれど、1945年(昭和20年)5月、空襲により天守閣、本丸御殿ともに焼失。
なんとも惜しいこと。。。
平成21年(2009)1月から本丸御殿の復元に着手し、平成25(2013)年5月29日から公開されたとのことで、とても綺麗でかつ新しく、やはり刻まれた歴史というものが感じられませんでした。

OI000019_20170705212950325.jpg

OI000025.jpg

OI000035.jpg


復元だから仕方ないのですが、20世紀まで現存していたことを考えるとやっぱり惜しい。。。

ちなみに窓から外を覗くと、ものすごく人の良さそうな秀吉がいました。
バックショットしか撮れず。。。

OI000027_20170705213210133.jpg

さて、いよいよ名古屋城内です!!
場内に入るとすぐに出てくるのが金のシャチホコレプリカその2(笑)

OI000048.jpg

この後、大小様々な金のシャチホコレプリカシリーズが登場するのですが、途中で飽きたので写真を取らず(笑)

場内は名古屋城の資料館となっており、貴重な品々や写真、記録が盛り沢山でした。

その中でも惹かれたのはこれ。

OI000049.jpg

炎上する名古屋城の写真が残っていたのですね。
当時のアメリカ軍は戦後の日本占領を考えて、歴史的建築物に対する空襲を行わない方針だったはず。
しかし名古屋城は悲しいことに、日本軍に寄って軍事利用されたそうです。
なので空襲の標的となってしまったようです。

戦争に関しては誰が悪いとは簡単に言えないのですが、歴史的な建物が燃えてしまったのはとても残念です。

気を取り直して先に進みますと、名古屋城の石垣を運ぶシミュレーション?がありました。
屈強なおじさま達と巨大な石を引っ張るアトラクションです。
思ってたよりも石は重かったです。

OI000052.jpg


重いので、どうしてもこういう顔になっちゃいますね。

OI000053.jpg

天守閣から見た町並み。

ここからは僕の住んでいる街は見えない。
でも見えないだけでそこにはある。
まるで知らない街なのに、地続きで僕の街に繋がっている。
そう思うとなんだか不思議な気がします。

OI000058.jpg

この後、熱田神宮に行って三種の神器である草薙之剣を見に行く予定だったのですが、場内に入るまでに炎天下の中歩いたためか、体調が悪くなってしまったので無理をせずに帰りました。

名古屋は「魅力にかける街ワースト1位」ということで有名らしいですが、確かに都会過ぎてあんまり見て回りたいところが見つかりにくいですね(^_^;)

おすすめがあれば教えてください。
また行きますから☆

以上、「cowboy、名古屋に立つ」でした!!
次回は岐阜編だようぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m