ジュラシックワールドの前にジュラックパーク

こんばんわ!cowboyです☆

とうとうジュラシック・ワールドが公開されますね!!
なんかえらい勢いで興行収入を稼いでいるそうです。

面白いのかな〜。

ちなみにうちの父親は全く興味がなかったようです。
そもそも第一作目も見ていない。
理由を聞くと「SFみたいなもの、面白くない。」

仕方がないのでものすごく簡単に一作目のジュラシックパークの概要を話すと
「・・・そう聞くと面白そうやな。」

・・・なんなんだあんたは!!(笑)

そしていいタイミングでジュラシック・パークが地上波でまた放送されました。
新作のワールドの動員数を増やすための作戦ですね☆


なので父親に説明した簡単な概要を。

採掘場にてあるものが見つかった。
琥珀(木の樹液が固まったもの)である。
その中には太古の恐竜の血液を吸った蚊が閉じ込められていた。
ある資産家がそこからDNAを抽出し、科学技術によって恐竜を現代に蘇らせてテーマパークを造ろうとしていたのだ。

安全性の確認のために呼び寄せた古生物学者たちはみんな口を揃えてこう言う。
「危険すぎる」
凶暴な恐竜たちは人間が管理できるものではないと。

そんな中、ある一人の科学者は考えを巡らせていた。
恐竜のテーマパークは一大ビジネスである。
恐竜の卵は高額であっても買い手はいくらでもいる。

各人の思惑が交錯する中、トラブルが起きてしまう。


みたいな感じです。
ネタバレをしないでかつ面白さを伝えるのは難しいですね。
プレゼンの練習になりますね(笑)


以上cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇいうぇいうぇい☆





記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m