Liam Gallagher - Wall Of Glass

こんばんわ!cowboyです☆

ここしばらく、5/30にManchester O2 ritzで行われたLiam Gallagherファーストソロライブの映像がInstagram等で溢れかえっています。

まあInstagramに映像があるってことはYouTubeにも勿論あるわけでして(笑)
新曲も含めて一通り確認しました。

setlist
'Fuckin’ In The Bushes'
‘Rock ‘n’ Roll Star’
‘Morning Glory’
‘Greedy Soul’ (New song)
‘Wall of Glass’ (New song)
‘Bold’ (New song)
‘Paper Crown’ (New song)
‘D’You Know What I Mean’
‘Slide Away’
‘It Doesn’t Have To Be That Way’ (New song)
‘You’d Better Run, You’d Better Hide’ (New song)
‘Universal Gleam’
‘Be Here Now’ (with Bonehead)
‘Live Forever’

登場がFuckin’ In The Bushesってのは興ざめですね~。
いつまでOasis気取りなんだと思ってしまいました(笑)
ただ、それ以外はOasisの曲は半分以下で、アルバムもまだ発売されていないのに自分の新曲が過半数を占めていたのは好感しました。
Beady Eyeの曲は入ってても良かったと思いましたが(といってもThe Rollerくらいしかいい曲はないですけど^_^;)

Oasisの曲はまさかの3rdアルバムから‘D’You Know What I Mean’, ‘Be Here Now’ が演奏されました。
Be Here Nowなんていつぶりだろう(当然だけどBoneheadの存在感はゼロでした笑)。
兄弟愛ツアー(2001年)くらいからかな?
Liamは一番好きなOasisのアルバムは3rdのBe Here Nowって言ってるけど、Noelは(自分で書いておきながら)Be Here Nowはクソだと公言してましたからね。


気になるソロアルバムに収録されるであろう新曲の出来は、、、個人的にはいまいちでしたね。
唯一いいなと思ったのは‘Wall of Glass’ 。
これはRoosterの'Come Get Some'みたいでかっこいい。
案の定ソロアルバムからのファーストシングルになるみたいです。
既にYouTubeで公開されています。

今回のライブはソロ初めてのライブということで、Liam自身かなり準備してきたようでして、映像を見る限りは全編的に声がよく出ていました。
ラストの'Live Forever'は一度捌けたあと、戻ってきてオーディエンスと一緒にアカペラで歌っているのですが、ワンステージ歌い終わった後だと言うのにまだ声に芯がある。

いつからだろうか。ライブの度にLiamの喉の調子を心配するようになったのは。
多分Oasisの4thアルバムあたりから、歌唱力はLiamとNoelの立場が逆転した。
今では苦しそうに声を絞るしゃがれたLiamと自由に歌いこなすNoel。
Acquiesceのサビで毎回音を外してたのにね、Noel。

なんだかんだでLiam(特に新曲)を酷評してますが、‘Wall of Glass’ はいい。
もはやOasisの面影はない。
世界をひっくり返すような名曲ではないけれども、傑作と言えるだろう。

やはりLiamはロックスター、かっこよくないとね☆





以上cowboyでした!うぇいうぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m