FC2ブログ

Unityにも使える無料3Dモデル配布サイト(商用利用確認済み)

こんばんわ!!cowboyです☆

最近はUnityを使ったゲームを開発していました。
メインのシステムは完成したので、後はメニュー画面とか設定画面とかその他諸々のめんどくさい作業が残っています。

にしてもUnityは便利です。
お金をかけず、かんたんなプログラムでゲームが作れます。驚きです。
そしていろんなプラグインがあるのですが、セールも多いです。

現在、Black Friday Saleということで、多くのプラグインが半額です。
とりあえず良さそうなものを幾つか購入しました。

セール情報の確認はこちらのサイトが便利すぎます。
RSSに登録してチェック必須です!!

Unity AssetStoreまとめ

さて、やっと本題です。

Unityで3Dゲームを作る際に問題になるのはプログラムではありません。

そう。3Dモデルです。

僕はBlenderという3DCG作成フリーソフトやFreeCADという商用可能な3DCADソフトを使ってますが、まあ慣れないと難しく感じます。

そこで誰もがやるのGoogleさんに「unity 3dモデル フリー」で検索。

日本語のまとめ記事的なものが色々出てきます。
やっぱりダウンロード先は海外のサイトが多いです。
でもまとめ記事を書いてるみなさんは、英語を読めないのか、読む気がないのか、知ってて無視しているのか。
殆どのサイトはちゃんと注意書きで"商用はだめだよ"って書いてます。
こんな感じで。

3dmodelNotAllowed.png

All the resources are not allowed for commercial use, otherwise you will be responsible for liability!


Unityでゲームを作る殆どの方は商用利用(無料で広告収入目的でも商用利用です)のはずなので、使っちゃだめです。

僕が確認したまとめ記事の中で、きちんと商用利用可能と確認したものはなかったです。
そんな中、いくつか商用利用可能なサイトを見つけましたので、載せておきます。
バレなければいいじゃんとかいう人、その辺きちんとしましょうね。
一応、随時更新予定です。

・DLmarket

DKmarket2.png

3Dmodel以外にもいろいろな素材を販売している日本のサイト。
基本的には有料なのですが、無料のものを結構あります。
すべてが商用可能ではないので、検索する際に「商用可能、無料」で絞り込み検索をしましょう。

・Digital-Architex

DigitalArchitex1.png

こちらも日本のサイトです。
データ形式はFromZ形式のものがほとんどで、unityには直接使えませんが、obj形式のものもいくつかあるので良いものがあるか探してみるの良いと思います。

他にも見つけたら更新していきますので、たまにチェックしていただけたら幸いです。

以上、cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇいうぇい☆

記事が良かったなら↓をクリックして応援願いますm(_ _)m