FC2ブログ

cowboy、島根に立つ part1

こんにちわ!!cowboyです☆

てなわけで27~28日の間、旅行に行って来ました。
ちなみにホテルを予約したのは26日です。
まさにその場の思いつき旅行(笑)

今回の旅は島根県です。
そして実は一人じゃないんです。

会社の同期と一緒です。














男ですけどね。


朝から新幹線に乗り、新大阪から1時間ほどで岡山。
そこからやくも号に乗り換えて松江まで2時間半くらい。
やくも号には車内販売どころか自販機もない。
電波もない。
めっちゃ暇でしんどかった!!

という感じで着いた松江駅。
既に13時半を回っていたので近くの観光案内所でオススメのお店を聞いて昼食。
「磯の屋」さんで丼を頂きました。








美味でした!!


こうして始まった島根観光。
ところが島根の八百万の神々はよそ者が来たとばかりに僕らに牙を向いたのであった。


僕は知らない街を歩くのが好きだ。
なので松江城まで少し遠いが歩いていくことにした。
現在4月下旬。
なのにものすごく暑い!!
なんだ今日は!?
まあ文句を言っても仕方が無い。
とりあえず歩く。


なにもない!!
というか人がいない!!

なんだここは!?


城までの道中に京店商店街があったが、飲食店しかない。
そして商店街がものすごく短い!!
そのうえシャッター降り過ぎ(笑)

仕方が無い。
とりあえずぐるっと回ってなにもないことを確認して城へ向かう。

城の入り口まで来たときに恐らくのぼせたのだろう。
同期が引くくらいの勢いで僕が鼻血を噴出。止まらない。
ここで15分くらい待機。

なんとか鼻血を固め、いざ城を攻め落とさん勢いで入場料を払う。

松江城。





松江城。





松江城。





完。

いや~以前に姫路城に登ってるんで、なんというか小さく感じちゃうんですよ、松江城。
そしてギミックもなく普通でした(笑)

その後、付近を散策。








そのまま武家屋敷風の建物が並ぶという塩見縄手へ。







うん、規模が小さい。
というか京都に行き慣れているせいか、感動が小さい。
いや、感動がない(失礼)
一応お金を払って武家屋敷見学。
家の作りとか昔の暮らしを見るが好きなのでここは少し面白かった。


僕のお嫁さんはこれに乗って来るんだ。
きっと。





さてもうそろそろ16時くらいだ。バスで駅まで戻ろうか。
ちょうど周回バスの停留所があり、路線を見る。
なぜか一方方向の周回のみ。
僕らがいた場所は駅から4つ目の停留所。
しかしこのバスはわざわざ遠回りして8つの停留所を経由してからでないと駅に連れて行ってくれない。
所要時間40分弱。
バスの待ち時間を含めると約一時間。

歩く!!
30分掛けて歩くよ!!

というわけで歩きました。
当初はスタート地点のJRまで歩く予定でしたが、疲れたので途中の一畑電鉄の松江しんじ湖温泉駅へ行くことに。

途中下車の宍道湖の砂浜で素敵なものを見かけたのでパシャリ。




駅に着くと、出発まで一時間近く待ちである。
しかたがないので駅のすぐそばの足湯へ。

すごい汚れが浮いている((((;゚Д゚)))))))
だめだ。足を入れれない。

暇なので回りをぶらっと回る。
暇だ。
少し離れたところにもう一つ足湯があったので見に行く。
やはり汚れが浮いているが、さっきより遥かにマシだったので足を入れる。
暖かい。
ちなみに同期は遠慮していました(笑)

こうして時間を潰してやっと電車が来た。
ここから1時間電車で出雲市駅まで。

ホテルは出雲市駅のすぐそばだったのでものすごい楽。
なぜか駅前ではビートルズの「two of us」がエンドレスリピート。

ホテルは「ツインリーブス」さんですごく広くて綺麗でした。
とりあえず荷物を置き、晩御飯を食べに出る。

ホテルでプッシュされていた近くの居酒屋に。
一階は混んでいたので2階へ通される。
コースものを頼んでみた。
なかなかのお味。

さて、ここから愚痴なので、注意ください。



お客さんが少し増えて来たあたりから接客がおかしくなって来た。
ちなみに増えたと言っても空き空きの状態である。
まず食べ終わったものを一切片付けない。
料理を運んで来た後、なにも引かずに手ぶらで下の階に降りて行く店員。

あちこちのテーブルで聞かれる、料理が全然来ない。

店員に聞くと「今から持ってきます」といって15分くらいしてから持って来たり、お会計お願いしても
15分くらい放置されたり。

2階席の客がほぼ全員切れて、メニューをキャンセルして帰った客もいる。

僕らも嫌な予感がした。

料理は順当に来たが、最後の締めのご飯としじみ汁がこない。
最後の料理が来てからもうすぐ1時間だ。
聞いてみた。「まだですか?」
「確認します。」そういって店員は下の階におりて行った。なにも食器を引かずに。
そしてお決まりの「もうすぐ持ってきます」
そして僕らの後ろのテーブルで同じコースを頼んでいたお客のところに行き
「そろそろご飯をお持ちしてよろしいですか?」と言っている。
まるで締めは店員さんに言わないと持ってこないシステムかのように話していた。
ちなみにそういうことはどこにも書いてないし、
そもそも違うテーブルでコースを頼んでいたところには普通に持って来ていたし、
店員さんは料理を運ぶとき以外2階には来ないし、呼び鈴もない。
むっとしながら聞いていると、後ろのテーブルが「暖かいお茶とかありますか?」と聞いていた。
「あります」と言い、バタバタと降りて行く店員。
同じタイミングで同じコース頼んでいる僕らにはお茶聞かないのかよ!!
案の定、僕らのところにはお茶を持ってこない。
そのまま15分が過ぎた。
遅い。
まあ締めだし、炊き込み御飯だろから時間かかっているんだろうな。


来たのは白飯と漬物としじみ汁でした。

怒りを通り越して呆れました。
どんなけ時間かかっているんだよ。

さっさと食べて会計へ。
ちなみに2階席の食器はどのテーブルのものを一切下げられることはありませんでした。
(一度だけ、足らなくなったのか刺身用の皿だけを持っておりました。他にも持って降りろよ)

会計へでレシートをもらいました。
値段だけ手書きの紙(店名もなにも書いてない)を頂きました。
レシートでも領収書でもなく、メモだよ、これは。
そして最後まで料理が遅くなったことの謝罪はなかったです。


ちなみに一階席には手が回っていたようです。
無理なら2階閉めろよ。
うん、味は良かったけど接客は0点。
観光地でなければすぐ潰れるレベル。

という感じで食事に2時間半ほど使い(笑)、近くの源泉掛け流しのランプの湯という銭湯へ。
お風呂での照明がランプになっているんですが、暗くて見えない(笑)
まあ悪くはなかったけど、本当に温泉だったのかな?
どこにも効用とか書いてなかったし、温泉ぽくなかった。

という感じで1日目が終了しました。
まさに島根は総動員で僕らに襲いかかって来ました。
行った場所が悪かったのだろうけど、最初の昼食とホテルだけ良かった(笑)

果たして2日目は八百万の神々の本拠地出雲大社!!
どのような刺客が僕らに襲いかかってくるのか!?
乞うご期待!!

以上cowboyでした!!
うぇいうぇいうぇい!!