FC2ブログ

僕らの歌

今 心に浮かんだコトノハを
ソラに並べて思いつくままに歌ってみても

ずっと僕に寄り添っているおたまじゃくしたち
おとなしく五線紙に乗っかるつもりはないらしい

少し遠くて 少し近くて
うまく聴き取れないんだ
まるで僕のリズムだけでは

奏でられないというかのように
不安そうに揺れ動く
それはまるで僕の心を表しているようで
どこか切なくなるんだ

そんなおたまじゃくしたちも
君の前でなら素直に綺麗な音色を響かせるわけで

少し遠くて 少し近い
うまく保てない適正距離
でも確かに流れているメロディ

君の雰囲気 はにかんだ笑顔
それら全てが僕の歌を彩る
僕も君の歌を鮮やかに奏でられているのかな

いつも一緒に笑って できたしわの端から
メロディが零れ出していくんだ
それはきっと 僕らだけの歌
どこまでも繋がっていく


うぇい☆