FC2ブログ

ボカロ曲「サイクリングツアー」



僕が未来の話をすれば
君はいつも「夢でしょ?」って言うけれど

本当の夢は君と並んで自転車で
走ることだったんだ

不安定で車みたいに 
止まることが出来ないから
これまで走り続けた

雨の日に傘を挿して走ると
この傘の分だけ離れた距離に
寂しさを感じて
雨に濡れてもいいから傘なんて
捨てて空いた方の手で君の手を繋ぎたいよ

黒光りの硬く冷たいアスファルトの上も
乾いた砂利道も

走って来たけど この坂も
後もう一漕ぎなんだね

きっと輝く海原を望む
蒼い世界が僕等を待ってるよ

赤信号で止まるときも また走り出すときも
同じタイミングで 同じスピードでって
そんな風に この恋も進んでいけるのかな
さあ 頬に風を受けて次のワインディングも軽快に走ろう

ブルーの自転車が見えたときには
急いで追いかけて息が上がって
言葉の出ない僕に優しく微笑みかけてくれたね

今日は歩いて来たからと言う君を後ろに乗せて
走れば背中に感じる温もりに
僕の全力で君を守っていきたいなって思ったんだ
これからも続く道の凸凹も二人の夢に変えていこう




とりあえず新年一発目ということでポップスです。

確か高校3年の時に書いた曲です。約10年くらい前ですね。
歌詞はrootanさん。
あの頃は毎日くだらない話と音楽の話をしていましたね。
懐かしい。
今回は昔のMIDIデータをそのまま使い、ギターを撮り直してボーカロイドに歌わせました。
アレンジもほぼ10年前と同じです。
決して手抜きしたわけではありません(汗)

今歌詞を見直すと、
制動距離は車のほうが長い
→自転車の方が急に止まれます。

傘挿しながらの運転
→危険です。

二人乗り
→禁止です。

と突っ込みどころ満載ですが、そこはご愛嬌ということで(^_^;)

昔の曲なので、、何か思い出したら追記します(笑)